野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

クサキリさんとシエスタを。

午前の農作業が終わり、コタツで子供達とうたた寝をしていると、目の前の畳をこれがゆっくり歩いていました。

f:id:hylajaponica666:20181207125546j:plain

「…娘よ!くそっ、どうしてこんな姿に…誰の仕業なんだ!」

というおふざけをとりあえずやっておいて、ちりとりに乗せて外へ。

体長約5㎝、大きさの割に薄っぺらく細身のバッタ。

クビキリギスかと思いましたが、口元が赤くないのでヒメクサキリでしょうか。カヤキリやクサキリはもっと肉厚だったような気がします。

祖母に図鑑を見せながら「どれだと思う?」と聞くと、「いや、どうでもいいけど大根2本引き抜いてきて」とのお言葉が。

…なにっ、どうでもいいだと?!

なんて言い合いをしていると長くなるので、大人しく畑に行って大根を2本収穫してきました。

昆虫、面白くて可愛いのになぁ。うちの家族は全然興味を持ってくれないので寂しいです。息子の5年後に期待しよう。

 

今日のおやつは広島土産、『瀬戸内銘菓 母恵夢のこいミルク』。

f:id:hylajaponica666:20181207133253j:plain

f:id:hylajaponica666:20181207133316j:plain

パッケージの色合いから、自分は勝手にいちご味だと思い込んでいて、一口食べていちごの味がしないことにビックリしました。

ビックリはしましたが、しっとりした皮にこれまたしっとりなめらかな餡が入っていて、濃厚なバターとミルクの風味が非常に美味しい。博多の「通りもん」というお菓子にかなり似ていますが、通りもんよりこってりしていて個人的にはこちらの方が好みでした。

今気付きましたが、カープ坊やの髪の毛って緑色なんですね。

そして何故広島のマスコットキャラクターは鯉でも何でもない「スラィリー」という鼻からピロピロ笛の出る怪獣なんでしょうか。脳みそを吸い取りに来るとか、時々着ぐるみの目玉が取れるアクシデントがあるとか、調べれば調べるほど恐ろしいキャラクターのように思えるんですが、広島の子供達はどう思っているのでしょうか。

なにはともあれ、来年も頑張れカープ。同じ佐賀県出身の緒方監督で日本一になるところが見たいです。

苗屋の親爺に怒られる。

写真のミニバラとは全然関係ないんですが、昨日タマネギ苗を買いに苗物屋さんに行ったんですよ。苗物屋さん。

f:id:hylajaponica666:20181204133754j:plain

そしたら何か店の親爺さんがいきなりキレてきたんです。

正直方言がすごくて6割方何を言ってるのか分からない。分からないながらに話をまとめると、お前は12月1日に苗を予約して取りに来る筈だったのに来なかっただろうとお怒りの様子。

f:id:hylajaponica666:20181204133835j:plain

ここで事実を整理。

①11月中旬、店頭でタマネギ苗の予約をする。

②12月1日頃入荷予定だが、数日遅くなる可能性もある。入荷したら電話をするから取りに来てくれと言われ、連絡先を記入。

③一向に連絡がないので、入荷しているか店に確認に行ったら怒られた。←イマココ

…ええ…電話忘れたのそっちやんけ…

と思いつつ、言った言わないの不毛な争いをしても仕方ないので大人しく謝罪。

「タマネギを待たせるんじゃねえぞ!」という野菜愛溢れるお言葉をいただき、100本777円のタマネギ苗を受け取って無事に帰宅しました。

f:id:hylajaponica666:20181204133921j:plain

畑の隅、ニンニクのお隣に植え付け。

植えたばかりだと何だか残骸みたいですが、きっと元気に成長していってくれるはず。

 

今日のおやつは、娘の七五三で大宰府に行った時に買った『博多の味 やまやのふんわりめんたい お米ノ御菓子』。

f:id:hylajaponica666:20181204134003j:plain

f:id:hylajaponica666:20181204134034j:plain

外側はカリっと、中はかなりふわっとエアリー。噛んだら溶けてなくなるような軽~い食感。

後から少しだけピリッとくるめんたい味がついていて非常に美味しい。めんたい系のお菓子にしてはお上品。

1袋に10粒くらいのおかきが入っていますが、一瞬でなくなります。

1箱5袋入りで600円。福岡にお越しの際には皆様もぜひどうぞ。

球根からのラナンキュラス栽培②

 昨夜から雨が降り続いており、庭には沢山のカタツムリが遊びに来てくれていました。

f:id:hylajaponica666:20181203130508j:plain

このカタツムリは右巻き。

左巻きのカタツムリは珍しいそうなので、皆さんもカタツムリを見かけたら是非巻きの方向を確認してみてください。

 

10月の初めに球根の吸水から始めたラナンキュラス

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

 11月に入ってから庭に移植し、今のところ元気な様子。

f:id:hylajaponica666:20181203131730j:plain

f:id:hylajaponica666:20181203131804j:plain

f:id:hylajaponica666:20181203131842j:plain

葉の形がそれぞれ違い、いろんな色が咲いてくれるのではないかと期待しています。

2~3日前から佐賀県にも霜注意報が出始め、夜だけ寒冷紗をかけることにしました。日が暮れる前に布をかけて朝外す、というのを2日間やっていますが、近いうちに1日中かけっぱなしになるような気がします。

水やりは園芸の本が「加湿になると根腐れして葉が黄色くなります、でも土を乾かし過ぎないように…」なんて難しいことをおっしゃるので、運を天に任せようと雨頼みに。

そうです、お察しの通り面倒臭いのです。

 

今日のおやつは家族の広島土産、『尾道ぽかぽか日和』。

f:id:hylajaponica666:20181203133803j:plain

f:id:hylajaponica666:20181203133826j:plain

猫と坂の街尾道。見てきたような気になっていますが、頻繁にお土産を貰うだけで一度も行ったことはありません。

『ぽかぽか日和』のお味は白餡を皮で包んだ普通のお饅頭でした。

パッケージとお菓子本体が可愛らしくて良いですね。

 

やっと今日苗が届いたので、明日は雨が止んだタイミングでタマネギを植える予定です。

明日もまた頑張ろう。

冬虫?

畑に白いものがフワフワしていたので、お隣のたき火の灰かと思っていたら小さな虫でした。

f:id:hylajaponica666:20181202125935j:plain

…かっ…カワイイ…!!!

形状はただの羽ありアブラムシ。でも綿毛を纏っていて非常に可愛い。しかもよく見ると白じゃなく水色。あー可愛い、抱きしめてしまいたい。

ひょっとしてこれが以前見たいと記事にも書いた冬虫なのでしょうか。

寒い地域で雪のように沢山飛んでいるのをニュースでは見たことがありますが、佐賀県にも生息するものなのでしょうか。

寒冷地にお住まいの方、この虫が冬虫かどうか教えてください。

 

今日はどの程度成長したのか気になって、大根を一本引き抜いてみました。

f:id:hylajaponica666:20181202131059j:plain

もともとあまり長い種類の大根ではなかったので、まずまずのサイズです。

f:id:hylajaponica666:20181202131210j:plain

しょうがたっぷりそぼろあんかけにして消費。

短時間で柔らかく煮えてくれましたが、まだちょっと若い味というか、大根っぽい苦みをほんのり感じました。

残りの収穫はもう少し寒くなるまで待とうと思います。

2ヶ月目のトルコキキョウ

10月8日に種を蒔いたトルコキキョウ。

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

10日で発芽し…

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

 2ヶ月近く経過して、ようやくこのサイズに成長しました。

f:id:hylajaponica666:20181201141037j:plain

目に見えてグングン大きくはならないもので、正直もう飽きてきた…ゲフンゲフン

花が咲くのは7月頃。あと半年以上も先。でも2ヶ月世話をしてきて、今更育児放棄するわけにもいかない。

朝土が乾いていたらちょっとだけ水をやり、縁側の沓脱石に出し、夕方取り込む生活。

面倒臭いことこの上ないので、霜が降りなくなったらすぐ花畑に出そうと思ってはいますが、あと何か月後になることやら…

 

今日のおやつは友人の宮崎土産、『宮崎マンゴーラングドシャ』。

f:id:hylajaponica666:20181201150550j:plain

f:id:hylajaponica666:20181201150617j:plain

ラングドシャクッキーに明るいオレンジ色のチョコレートが挟まっています。

自分では絶対に手を出さないマンゴー味のお菓子。さて、そのお味は…

…あっ、わりと美味しい。

恥ずかしながらマンゴーを食べたことがないもので、これがマンゴーをどの程度再現しているのかは分かりません。自分で表現できる一番近いものだと、あま~いパイナップルの味がして、クッキーもサクッとパリッと、中々美味しいと思います。

 

同じく『燻製職人が作ったぶどう豚くんせい』。

f:id:hylajaponica666:20181201150712j:plain

f:id:hylajaponica666:20181201150747j:plain

13cm程度の燻製が2本入っていました。

時々利用する霧島サービスエリアで見かけてはいたんですが、こういう大人の楽しみ丸出しのお土産は買いづらいので、人から頂けると嬉しい。

寒くて脂が固まっていたので湯煎で少し温めて、実食!

…うーん、安定の美味しさ!

ジャーキーだと差し歯に不安を感じますが、これは柔らかくて良いです。燻製の香りもGOOD。よし、残りの1本は夜ビールを飲みながら食べよう。

 

今日は地元サガン鳥栖の試合をドキドキしながらテレビで観戦していました。

今年は苦しい時期も長くありましたが、J1残留おめでとう!

いや、J2になったらチケット安くなるなーとか、邪なことを一瞬だけ考えました。ごめんなさい。

そもそもこんな小さな貧乏田舎県にJ1のサッカーチームがあって、トーレスまで来てくれたことがオカシイよな~と思いつつ、来年も頑張って応援します。

恐怖!久々の胃カメラ検査~大興善寺で紅葉狩り編~

ここ数ヶ月胃もたれが続き、空腹になると胸の下あたりがヒリヒリ、冬にも関わらず食べても食べても体重が減少。

祖父が胃癌で他界していたこともあり、20代でも癌になる人はなるし、自分も何かよろしくない病気なのではないかと不安になって、先日とうとう胃内視鏡検査に行ってまいりました。

 

朝食を抜き、健康を意識して自転車でクリニックへ。

病院の駐車場では何らかの事故があったらしく、警察官が現場検証中。無関係にも関わらずドキドキしながら横を通過。

受付で名前を書き、お次は問診表…ではなく、真っ直ぐ内視鏡室へ案内される。

…えっ、ちょっと心の準備…いえ、なんでもありません。すぐ行きます。

内視鏡室に入るやいなや、紙コップに半分程度の白濁液を飲めとの指示。

「美味しくないから、ほんと美味しくないから、ほんの2、3口で大丈夫だからね、頑張ってね」と申し訳なさそうに励ましてくれるベテランナース。味のことよりもまずこの液体が何物か説明してクレメンスと思いつつ、大人しく液体を飲む。

…あれっ、どうしよう、絶食のせいか普通に美味しい。

ほんのり甘みのある爽やかなヨーグルト味。最近のバリウムはすごいなぁ。

完飲するとすぐに検査台の上で3回横向きに回転。回転中に「検査は鼻からと口からどっちがいいですかー?」との問いかけが。

…あっ、選べる感じ?

うーん、自分で決めろと言われると困る。20歳で胃潰瘍の吐血をした時は口からでしたが、わりと出血が多かったのでバタバタ検査して止血して…みたいな感じだったので、オエッとなったかどうかなんて正直全く覚えていません。

結局、看護師さんオススメのオエッとなりにくいらしい鼻から入れることに決定。

仰向けになり、両方の鼻の穴に2回ずつ麻酔薬を注入される。数分して喉に麻酔薬が到達したのか、口の中にほのかな甘みが。甘くて美味しい!と喜んでいると、「あらそう?味はしないはずなんだけど…」と言われてしまいました。

…いかん、空腹すぎて味の向こう側が見えてきた。

だんだん鼻の奥が鈍くなってきたところでやや細めの練習用チューブがブスリ。痛い。

そのまま1分程慣れさせて、今度は内視鏡と同じサイズのチューブがブスリ。痛い。

そして先生登場、「おはようさ~ん、はい、行きまーす」と流れるように右の鼻腔から内視鏡をブスリ。

あいててててててててて!!!!

声かけに合わせて飲み込むと、オエッとしていないのをいいことにガンガン進んでくる内視鏡。千切れそうな鼻。そうだ、自分はインフルエンザの鼻に綿棒を入れる検査とか、耳鼻科の鼻うがいとか、鼻に何かされるのが滅茶苦茶苦手だったじゃないか。ああ、なんで鼻からにしようとか血迷った選択をしてしまったんだろう。ああ…

と後悔しているうちに、カメラは胃の最深部へ到達。回転しながら今度は少しずつチューブが抜かれていきます。時々写真を撮られ、溜まってきた空気で徐々に苦しくなってくる腹部。

モニターには赤く炎症を起こす胃粘膜、小さなポリープ、黒い小さな点が3つ…

「ほら、腸液が逆流してて…これは出血のあとね。荒れてるけど癌ではないから」

…うん、うん、わかった。わかったから滅茶苦茶腹痛い早く抜いてくださいお願いします。

急速に上腹部がカッチカチになり、鼻の痛みを忘れるほどの腹痛。いかん、吐きそう。冷や汗が出てきた。あー気持ち悪い、まずい、意識が朦朧と…

「お疲れ様でしたー、お顔拭きますねー」

…助かったっ!!

最後のほんの数十秒、死んでしまうかと思った。といっても、未だにお腹はカッチカチで激痛。そんなことは気にせず冗談も交えながらカメラの結果を説明する先生。

悪性でない事は何となく把握したのでとにかく今はゲップがしたい。

一刻も早くゲップを出して楽になりたい。でも他人様の前でゲップなんてお下品な姿は見せられません。年齢がダブルスコアでも女性の前では格好つけたいのです。額の冷や汗を感じながら笑顔でお腹をさすってひたすら我慢。

最後にピロリ菌を採血で検査するとのことで、ヨロヨロ採血室まで歩いていき、順番待ちの椅子で咳き込むフリをしながら少しずつガスの排出に成功。ふぅ。

腹痛が収まった後、蘇る右の鼻の穴の激痛。

結局、胃の不調は逆流性食道炎胃潰瘍のためということで、ピロリ菌の有無は教えられないまま(えっ?)、胃粘膜保護剤を2種類貰って帰宅しました。

お薬代込みで4800円。安心を買ったと思えばお安いものです。

 

深刻な病気でないことが分かって良かったですが、何よりショックだったのは検査後1時間の飲食禁止を言い渡されたこと。

結果が悪くなかったら家族みんなで回転寿司に行こう!と約束していたので、昼食前に絶飲食の時間を利用して近場の観光に行くことにしました。

『つつじ寺』で有名な佐賀県基山町大興善寺

駐車場からお寺までの道には、近所のお年寄りがぽつぽつ工芸品や軽食の屋台を出していました。

f:id:hylajaponica666:20181127104927j:plain

ここはあれですね、空きっ腹を抱えて行くところではありませんね。

住宅街の絶妙にきつい傾斜の坂道をだらだら登ってからの、長生きの坂という100段近い階段。2歳の娘にすら置いて行かれる屈辱。頼む、見捨てないでくれ。

というか必死に呼吸をすると鼻が痛い。

一生懸命登った先では、まだ少し早めの紅葉が迎えてくれました。12月上旬頃はもっと綺麗だと思います。

f:id:hylajaponica666:20181127111658j:plain

1本200円の「無病息災」の蝋燭を買ってお参りし、空腹に耐えかねて早々に下山。

f:id:hylajaponica666:20181127110434j:plain

階段が登れない人が通る迂回路には背の高い花が沢山植えられていて、こちらはこちらで綺麗でした。

でも坂。絶妙にきつい長い坂。最初から駐車場で待っていた祖母は正しい。

登って降りてきただけで1時間近く経過し、急いで回転寿司に移動してしょっぱなからかき揚げうどんを注文してしまいました。すみません、寒くてひもじかったんです。

 

昨日健康番組でやっていたらしい、肩凝りに効くはちみつアーモンド。

f:id:hylajaponica666:20181127111730j:plain

自分は食べるだけ健康法とかは信用しないタイプなんですが、祖母がどうしてもと言うので作ってみました。

1日10粒。

しばらく様子を見て効果があるようなら、自分も食べてみようと思います。

護衛艦カレーを食べてみた。

九州も朝晩はだいぶ寒くなり、気が付けば体がコタツに吸い込まれています。

そして胸のあたりまでコタツ布団に入り込み、熱々のブラックコーヒーとバニラのハーゲンダッツを交互にちびちび食べるのが最近の贅沢です。

 

花壇では可愛いピンクのミニバラが開花。

f:id:hylajaponica666:20181122131900j:plain

f:id:hylajaponica666:20181122131924j:plain

冬の間にピンク系統のミニバラを増やし、初夏の娘の誕生日に小さな花束を作ってプレゼントできたらいいなぁと思い立って、こんな時期ですが挿し木を始めました。

 

もうすぐ開花のミスターリンカーン。

f:id:hylajaponica666:20181122132506j:plain

 

9月の台風で折れてから復活したマダムヴィオレ。儚げな色のわりに逞しい。

f:id:hylajaponica666:20181118190500j:plain

 

今日の昼食は家族の佐世保出張土産、レトルトの護衛艦カレーでした。

1つめは『イージス艦 こんごう ビーフカレー』。545円。

f:id:hylajaponica666:20181118190159j:plain

f:id:hylajaponica666:20181118190250j:plain

湯せんで温め、封を切るとスパイシーなカレーの良い香り。

具材は形のある野菜はなく、3cm程の牛肉の塊が3個入っていました。

いざ、実食!!

…うーん、これは参った。甘い。すごく甘い。だけどちょっと辛い。まろやかでコクもある。でもやっぱり甘い。

りんごとハチミツがとろ~り溶けてるレベルではない甘さ。鼻のあたりに抜けていく桃のジャムのような香り。原材料を確認するとりんごとハチミツ以外にもチャツネやチョコレート等々、様々な甘味が入っているようです。

この甘みが心身ともにお疲れの船員さん達を癒し、後からピリッとくるスパイスが疲労を回復…してくれるのかもしれませんが、自分にはちょっとフルーティー過ぎて美味しいを通り越してしまったような感じでした。残念。

 

2つめは『さわぎり イカスミ&牛すじカレー』。こちらも545円。

f:id:hylajaponica666:20181118190329j:plain

f:id:hylajaponica666:20181118190408j:plain

こんごうと比べて色が黒く、かなりとろみが強いようで、ゆっくりとレトルトパウチからお皿へ移動。

さて、気になるそのお味は…

…う、うーん…ネットリしてこれまた甘い。甘さの向こう側から微かなシーフードがこちらに手を振っている。

先程とはまた違う甘さにパッケージを確認。りんごピューレ、バナナピューレ…

バナナピューレ!?

全く覚えていませんが、小さい頃離乳食がわりに朝昼晩食べさせられていたらしいバナナ。3歳の時、「もうバナナはやめて下さい…」と泣きながら母に直訴したバナナ。それでも食卓にのぼり続けたバナナ。何故だ?

それはどうでもいいとして、苦手な甘さの原因は判明。イカスミは色以外ほとんど自己主張がなく、これはこれでちょっと寂しい。いや、でもあまり入れると生臭くなりそうなので、これくらいがベストなのかもしれません。うーん。

 

全体的にいまいちな感想を書いてしまいましたが、海軍カレーの特徴であるフルーティーさを苦手な自分が悪いのであって、これが好きな人にはたまらないのだと思います。

どちらも護衛艦カレーグランプリに選ばれた美味しいカレーなので、皆様もぜひお試しください。