野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

農民、投資の方針を考え直す&半年経過の500円玉貯金

去年の8月、ちょっと株でもやってみようということで、余剰資金40万で始めた株式投資

信用取引はやらない。

②資金が半分の20万になったら退場。

という一応のルールを設けて10ヶ月、現在の評価額合計は約32万円。

ガッツリ負けてるじゃねーか。

一日何百万も取引している人にとっては誤差みたいなものでしょうが、このペースだと来年には退場する羽目になってしまう。これはイカン。

改めて資産が8万円も減少した理由は何か振り返ってみると、これはもう完全に初心者にありがちな損切貧乏です。

当時損切りした株を数か月後に確認すると、ほとんどが1~2ヶ月後には買値を上回っているものばかり。その間には配当があったりするのでむしろプラス。

ですが、含み損の株を抱えていると「資金効率が悪い!」と言ってくる家族の面倒臭い損切り圧に負けてつい手放してしまうんだよなぁ…

そして何となく別の銘柄に手を出し、ちょっと下がってまた売る、売ってしばらくしたら上がる、の繰り返し。

さて、自分はここからどうするべきか。

投資をやめて節約&貯蓄オンリーにしてしまうのは堅実でも若干寂しい。

でも今までと同じやり方では、余程相場がイケイケにならない限り損失を重ねていくだけだろう。業績の良い会社を選んだところで、明日トランプさんが何を呟くかは本人にしか分からない。毎日株価を確認して一喜一憂するのも正直疲れる。

そうだ思い出せ、お前は猟師じゃなくて農民じゃないか。

f:id:hylajaponica666:20190621145324j:plain

家庭菜園のフルティカ。もうすぐ食べられそうです。
日照りが続いても一時的にイナゴの大群が押し寄せても、大事に世話をしていればきっといつか作物は収穫できる。あっ、株価だとイナゴが押し寄せたら上がってしまいますね。うーん、例えが良くなかったな。

まとまりのない話になりましたが、今後はそういうのんびりした心づもりというか、要はせわしなく売買するのをやめ、配当をくれる自分の気に入った会社の株を長期保有する方針に転換することにしました。

余剰資金が出来る度にコツコツ株を買い足し、含み益でもすぐに売ってしまわず、ジジイになる頃配当が月々2~3万貰えて、孫に気前良くお小遣いをあげられるような生活にしたいなーと、そんなことを考えています。

元手がかなり少ないので相当時間がかかるとは思いますが、自分の記録の為にも定期的に損失の状況をブログで報告していこうと思います。

ええ、きっとしばらくは利益でなく損失です。ははっ。

方針転換に伴って、

③無配になったら泣きながら売る。

というルールも追加しました。

あー、とりあえず資金を当初の40万に戻したい。

 

お金の話ついでに、昨年のクリスマスに始めた500円玉貯金がどれくらい貯まっているのか、誘惑に負けて重さを測ってみることにしました。

1日の終わりに財布をのぞいて、500円玉があれば貯金箱に入れるルール。

半年たった今、その重さは…

f:id:hylajaponica666:20190621160230j:plain

おお、454g!

500円玉は一枚約7g。454gから貯金箱本体の重さを引いて7で割れば、中に何枚の500円玉が入っているか計算できる!…のですが、

肝心の貯金箱の重さが分からない。

貯金箱の素材はエンゼルパイの箱と100均のかる~い紙粘土。

同じくらいの大きさの厚紙の箱を測ると70g。よし、仕方ないからこれで行こう。

454-70=384

384÷7≒54

500×54=27000

2万7千円?!

箱の重さがかなりいい加減だとしても、少なく見積もって2万前後は入っているはず。

いかん、このままのペースだとクリスマスには姪が欲しがっていたNintendo Switchが買えてしまう。

絶対たかられるからこの事実は黙っておこう。

あと半年、無目的な500円玉貯金を頑張るぞ!

ラナンキュラスの堀り上げ

30歳近くなるとやってくる結婚式ラッシュ。

自分はガチで友達がいないので何の影響もないんですが、家族は正反対でものすごく友達が多いんですよ。なぜこんなぼっちマンと付き合って結婚までしてくれたのかよく分からない。

人と関わるの大好き、友達の友達ともすぐ友達になれちゃうタイプ。すげぇ。

そんなわけで今年は5月から毎週のように友達の結婚式に行き、持って帰ってきてくれるのが焼き菓子とカタログギフト。

このカタログギフト、暇潰しに眺めている分には楽しくても、正直友達の結婚式の引き出物くらいの価格帯で欲しいものはあんまりない(すみません)。

肉やお菓子も飽きたしなぁ…とカタログ3週目に入った時、アウトドアコーナーの隅に掘り出し物を発見。

それがこちら。

f:id:hylajaponica666:20190616134218j:plain

カエルのガーデンオーナメント、全長約25cm。

楽天で2500円くらいで売っていたのを買おうかどうかかなり迷って、送料640円を見て諦めたコレ。

まさかこんなところで再会できるとは!

思っていたよりも大きく存在感があり、この可愛さ、けしからん。

以前道に面した花壇に猫のガーデンオーナメントを置いたら2日で失踪したことがあるので、このカエルさんは鉢植えの中に入れて玄関に飾る予定です。

素敵なカタログをありがとうNさん。

お会いしたことはありませんが、幸せをお祈りしております。

 

さて、昨年10月に球根を植え、4月の花壇を華やかにしてくれたラナンキュラス

あれから2月が経過し、今はこのようなお姿になってしまわれたので、梅雨が来る前に球根を堀り上げることに。

f:id:hylajaponica666:20190616134246j:plain

茎を引っ張って球根を程良い大きさに分解。

本当は消毒液に漬けるのがベストなのでしょうが、去年水洗いだけで無事に保存できていたので、水道水で綺麗に洗って3日間天日干しにしました。

f:id:hylajaponica666:20190616134312j:plain

カリカリになった球根は紙袋で保存。

10月までしばしお別れです。

 

今日は伸びすぎたバジルも収穫。

アーモンド・オリーブオイル・ニンニク・塩・ブラックペッパー・パルメザンチーズを適当に投入し、バジルソースを作りました。

f:id:hylajaponica666:20190616135120j:plain

量が少なかったせいかフードプロセッサーでうまく混ざらず、すりこぎで地道にゴリゴリゴリゴリ。

ああ、明日は筋肉痛だろうなぁ。

【イエローミミが】ミニトマトの収穫【うまい!】

小学2年生の頃、給食に出たミニトマトがどうしても時間内に食べられず、昼休み1人教室に残されて、先生の監視のもと吐きかけながら食べたことを今でも鮮明に覚えています。こんばんは、たっどぽーるです。

あれから20年、そんな自分が何を思ったか今年は8本も育てているミニトマト

赤ばかりではつまらないだろうと植えていたイエローミミとオレンジキャロル(多分)が色づいていたので、娘と一緒に収穫を楽しみ、折角なので食べてみることにしました。

 

<オレンジキャロル(多分)>

f:id:hylajaponica666:20190611203851j:plain

やや皮が固く口に残る感じはあるものの、甘みが強く、トマトっぽい青臭さや酸味がなくて美味しい。

植えてからは支柱を立てるくらいしか世話をしていないのに、どんどん生い茂って大量に実がついているのも高得点。

 

<イエローミミ>

f:id:hylajaponica666:20190611203838j:plain

なんだこれは、すごくウマい。

もう一度言いたい、なんだこれは。

甘味はオレンジキャロルほどではないが、皮が薄く、みずみずしく、酸味や青臭さ・種の周りのニュルっとした感じ等トマトとしての自己主張が全く感じられず、後味がさっぱりしていて非常に爽やか。

まるで草原を駆けていく白い仔馬のようだ。

農作業中喉が渇いたら2,3個つまみたくなる、そんなお味。

もはやミニトマトではない。

人生で最初に食べたトマトがこれだったら、自分は好きな野菜の第4位くらいにトマトを入れていただろう。

ちなみに今好きな野菜の1~3位はピーマン・獅子唐・パプリカです。

 

感動しすぎて訳の分からないことになりましたが、とにかく非常に美味しかったイエローミミとオレンジキャロル。

こんなに美味しく実も沢山付けるのに、苗は1本80円とリーズナブルだったので、来年も本数を増やして作ろうと思います。

 

種から育てているフルティカトマトはまだ真っ青。

f:id:hylajaponica666:20190611203907j:plain

ネットのレビューによると、このフルティカも酸味が少なくいい意味で主張してこないトマトらしいので、自分にも美味しく食べられるのではないかと期待しています。

 

トマトの葉にとまっていたイトトンボ

f:id:hylajaponica666:20190611203919j:plain

子供が遊んだ後のビニールプールに産卵していて、水を抜いて掃除するのが心苦しくなりました。

来年から本気出す

先月3歳を迎えた娘が最近急にパンツに目覚め、自分からトイレに行くようになりました。

なんとなく3歳までにオムツは卒業しておかなければ!という考えがあり、2歳過ぎからカエルさんの補助便座を買い、日中2時間毎に声掛けし、宥めたり叱ったり大人全員で一生懸命やっていたのは何だったのだろう。

子供がやる気になった時、外れるのは一瞬。

娘は2歳の頃から同じ年齢の子と比べて体が大きく、喋りもペラペラ。オムツも当然早々卒業…などと都合のいいことばかりはなく、それはそれ、これはこれですね。

ぶっちゃけオムツが2歳で取れようが4歳で取れようが、その後の人生に何ら影響は及ぼさないわけで、膀胱の発達も人それぞれ、あまり必死になる必要は無かったなーと思ったのでした。

早いのはやっぱり羨ましいですけどね。オムツ代がかからなくて。

 

さて、今年の目標①だった【家庭菜園のイチゴを6粒以上収穫する】。

f:id:hylajaponica666:20190610125020j:plain

写真のようなそこそこ綺麗な実はかろうじて7粒収穫でき、目標達成…したものの、反省の多いイチゴ栽培でした。

 

反省①:花をむしりすぎた。

ネットのイチゴの育て方を参考にして、3月の初めまでについた花は取っていたんですが、それから花を付けず収穫ゼロだった株が2つありました。

2月でも佐賀県はだいぶ暖かかったので、花を残していたらもしかすると実を付けてくれたかもしれません。

反省②人工授粉はしない方が良かった。

6株植えたイチゴのうち、人工授粉する株としない株を半々にしており、風と昆虫まかせにしていた株の方が圧倒的に実が綺麗でした。

あまり虫の来ないマンションのベランダなら人工授粉すべきなのでしょうが、我が家は毎年ツツジにミツバチが巣を作るので、来年は無駄に触らないようにしようと思います。

反省③ナメクジ対策をすべきだった。

収穫を目前にして大量発生したナメクジが実の上を這いまわり、朝見たらテラッテラでもう食べる気がしない…ということが2回ありました。

地植えなのでどこに避難させるわけにもいかず、水遣りが面倒でも移動できるプランター栽培にすれば良かったなーと思いました。

 

ハードルの低い目標は達成できても、昨年6月に苗作りから始め、10月から長々と花壇の一角を占領して収穫がたったの7粒。

あまりにもヒドい。

考えれば考えるほど腹が立ってきて、家庭菜園でカゴいっぱいのイチゴを収穫するために今年の10月は色々な種類のイチゴを2~3株ずつ植えてみることにしました。

プランターは家に沢山余っているものを使うとしても、イチゴの土、イチゴの肥料、イチゴ苗を20本ほど購入するとしたら1万くらいは掛かりそうな予感。

ハハッ、1万あれば何パックのあまおうが買えることだろう。

でもいいんです。家で子供達と楽しく収穫する思い出、プライスレス。

とはいえいきなり1万円も家計からイチゴグッズに支出するのは家族に怒られそうなので、今まで娘にかかっていたオムツ代2000円/月を、10月まで毎月積み立てておくことにしました。

一季成りでは蜜香、とよのか、章姫、丈夫そうなカレンベリー。四季成りではドルチェベリー、あまごこちあたりを考えています。

 

家庭菜園でも甘くて美味しいいちごが採れたよ!という品種があれば、皆様ぜひ教えてください。

2019生き物探検隊②

子供を昼寝させながらぼんやり庭を眺めていると猫が横切っていき、「あれ、ちょっと見ないうちにいつもの野良猫デカくなったなぁ」と思いましたが、もう一度よく見るとうちの爺様でした。ビックリしました。

f:id:hylajaponica666:20190604123911j:plain

捕獲された爺様。反省の色なし。

f:id:hylajaponica666:20190605194706j:plain

こちらがいつも敷地内で寛いでいる野良猫。顔は可愛い。

祖母が玄関掃除をしている間にうっかり外に出て、気付かれずに締め出されていたようです。

ああ、車に轢かれたりしなくてよかった。

 

暫く庭の雑草を放置していたら花が咲き、小さな蝶が沢山集まってくれるようになったので、なんだか勿体無くて抜けなくなってしまいました。

ツバメシジミ

f:id:hylajaponica666:20190603214341j:plain

f:id:hylajaponica666:20190603214350j:plain

f:id:hylajaponica666:20190603214439j:plain

f:id:hylajaponica666:20190604162845j:plain

後翅の尾状突起が名前の由来だそうです。

 

ベニシジミ

f:id:hylajaponica666:20190603214402j:plain

f:id:hylajaponica666:20190604162422j:plain

f:id:hylajaponica666:20190604162754j:plain

 

ウメエダシャク

f:id:hylajaponica666:20190605195529j:plain

 

ナナホシテントウ

f:id:hylajaponica666:20190603214422j:plain

 

ナミテントウ

f:id:hylajaponica666:20190603214500j:plain

 

オオスカシバ

f:id:hylajaponica666:20190603214514j:plain

ブーーーーーン…という人間が明らかに敵と判断する羽音からのプリティーフェイスがニクイ。

小さい上にピンぼけですが、今年の目標③「オオスカシバを写真に収める」はこれで一応達成したものとしよう。うん。

 

すぐ側の川ではアオサギが小魚を食べていました。

f:id:hylajaponica666:20190603214528j:plain

 

ヌマガエル

f:id:hylajaponica666:20190603214538j:plain

 

ニホンアマガエル

f:id:hylajaponica666:20190603214554j:plain

バラのトゲの上に乗っかったりして、腹はズタズタにならないのだろうか。

 

そういえば明日6月6日は6(ケロ)6(ケロ)の語呂合わせで、皆さんご存知かえるの日ですね。

近場では特に何もカエル関連のイベントが行われないようなので、明日は6匹カエルを見つけることを目標に1人で庭を徘徊したいと思います。

暇を持て余した農民の遊び

1ヶ月ほど前、苗物屋でついうっかり購入してしまった「デコ☆きゅう♡」というキュウリを星型にするしょうもない器具。↓

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

娘が付けて付けてとせがむので、家庭菜園のキュウリ苗に一番初めについた実に装着し、10日程育てていました。

f:id:hylajaponica666:20190602190806j:plain

10日後…

f:id:hylajaponica666:20190602190832j:plain

上が隣のキュウリ苗から取れたノーマルキューカンバー。

下がデコきゅうにはめられていた星形キューカンバー。

イカン、色もいまいちだし、テッカテカでカッチカチでまずそう。

とりあえず一番大切な形状を確認するため、中央からカット。

f:id:hylajaponica666:20190602190901j:plain

おっ、思ったより綺麗な星形!

f:id:hylajaponica666:20190602190933j:plain

うん、可愛い。形は95点。

さてさて、気になるそのお味は…

…なんてことだ、とてもマズい。

街角で100人の皆様に聞いた緑の野菜の嫌いな部分をギュッと濃縮した感じ。

濃厚な青臭さがいつまでも口の中に留まり、分かりやすく例えるとショウリョウバッタの腹部分の味がします。

これは自分の28年の人生で間違いなくベストオブまずいキュウリだ。うーん、スゴイ。スゴくまずい。

デコきゅうの名誉のために言っておきますが、単純に我が家の家庭菜園の一番果が美味しくなかっただけであって、型を被せたからどうこうなったわけではないと思います。

ホントに形は綺麗にできるので、小さいお子様のいる皆様、是非お試しください。

今度は美味しくできるように、株の上の方についた実に型を被せてみています。

 

お口直しに、今日は暖かかったので父が買ってくれたインテックスのプールに娘と入って遊びました。

f:id:hylajaponica666:20190602191003j:plain

2.2m×1.5m×60cm。半分溜めるのに井戸水ホース2本で1時間。

大人が一緒に入ってもわりと広々遊べて良かったです。

折角時間をかけて溜めたプール、2~3日そのままの水で遊べたらなーと思ってネットで調べてみましたが、1日遊んだ水は雑菌が爆発的に増えるらしく毎日の水替えが推奨されていました。

うーん、子供の健康の為なら面倒臭くてもしょうがない。

8ヶ月目のトルコキキョウ

小さい頃テレビを見ていたら、ボヘミアンの父に「あれ俺の弟」と言われて小学3年生まで信じていたパパイヤ鈴木さん。

昨日まいうー漫遊記というローカル番組でお見掛けし、歳をとったのか少々お太りになられたのか、ますます顔が父そっくりになっていて「あれっ、やっぱりほんとに叔父さんなんじゃね?」と思ってしまいました。

そんな父に顔のパーツだけは似ていると言われる自分。

20年くらい経って中年太りしたら自分もパパイヤ鈴木さんになってしまうのだろうか。

困ったなぁ、アフロを綺麗に維持するのって結構お金がかかるんだよなぁ。

 

そんなことはどうでもよく、昨年10月に種を蒔いてから8ヶ月が経過した我が家のトルコキキョウ。

f:id:hylajaponica666:20190602155838j:plain

種が2種類あったのか、中央の苗のように草丈が伸びているものと、草丈25cmくらいで小さな蕾を沢山付け始めるものに分かれてきました。

f:id:hylajaponica666:20190602155905j:plain

蕾系統の苗はほんとにあっちこっちから蕾が出ていて、正直あまり見た目が宜しくありません。

去年はホームセンターで購入した苗が同じような感じに成長し、ついた蕾を全部残しておいたら所狭しと花が咲いて汚くなってしまったので、勿体無いとは思いつつ天辺以外の蕾は全部カットしてみました。

大雨と台風に備えて、そろそろ支柱を立てないといけないような気がしています。

 

最後に本日のカエルさん。

f:id:hylajaponica666:20190602160831j:plain

f:id:hylajaponica666:20190602160856j:plain

ウリハムシに齧られてボロボロのキュウリのフチ部分を再現してくれているのでしょうか。

フチの色としては悪くありませんが、葉の上ではかなり目立っていたので、鳥に見付からないように気を付けてほしいものです。