野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

生き物探検隊⑰

花畑、土をかぶってこんにちは。

f:id:hylajaponica666:20181014164301j:plain

このアマガエルはあれですね、授業中早弁したり居眠りしたり教科書に隠れて次の時間の宿題をやっているような、そんな奴の顔をしています。これから冬眠しそこなって死んでいそうでとても心配です。

 

オンブするオンブバッタ。

f:id:hylajaponica666:20181014164409j:plain

ピーマンとおひとり様オンブバッタ。

f:id:hylajaponica666:20181014164455j:plain

 

車庫にはイボバッタさん。

f:id:hylajaponica666:20181014164535j:plain

この地味さがいい人感を出しています。バッタ目の中では一番友達になりたいバッタ。逆に一番お近づきになりたくないのはカマドウマ。昆虫好きを謳いながら、ちょっとあの形状は気持ち悪いので苦手です。でも家の周りに結構います。

 

真っ白なラインが美しいホタルガ。

f:id:hylajaponica666:20181014164604j:plain

触覚が太いのでオスでしょうか。

庭にはサカキやツバキが多くて、毎年この時期になると大量発生。狭い茂みで10匹以上ひらひらしていると若干ギョッとします。

 

大根の葉にイチモンジセセリ

f:id:hylajaponica666:20181014164626j:plain

 

こちらも大根によくとまっているモンシロチョウ。

f:id:hylajaponica666:20181014164656j:plain

大根がデッカイ芋虫にやられた!と数日前祖母が騒いでいましたが、イチモンジセセリの幼虫もモンシロチョウの幼虫もそこまでデッカいわけではないので、アゲハチョウか何かが来てくれていたのかもしれません。幼虫はどうしたのか聞くと「カラスに投げてやった」などと恐ろしいことを言うので、保護するべく毎朝祖母より早く大根を見回りしています。

 

里芋の根元にはセスジスズメの幼虫が!

f:id:hylajaponica666:20181014164726j:plain

まだ若い緑色の子から丸々した茶色の子まで5匹あまり。うちの里芋は愛しのステルス戦闘機、スズメガのために植えているといっても過言ではありません。ツノのある幼虫の段階も可愛らしいですが、早く成虫になっていただきたいものです。

 

最後に、今日のおやつは父の東京土産、羽田空港限定『空飛ぶ東京ばな奈・はちみつバナナ味「見ぃつけたっ」』。

f:id:hylajaponica666:20181014164749j:plain

通常の東京ばな奈に縞模様が入って可愛らしい見た目。甘く優しいバナナの香り。

さてさて、お味は…

…うんうん。うーん…?うん…

…うーーーーーーーーーん…

…ふわりと漂うはちみつの風味が何というかちょっと邪魔…ゲフンゲフン

個人的にはノーマル東京ばな奈の方が美味しいような…はちみつ…うん…

そもそも問題点が3つあって、

①もともと自分はバナナがそこまで好きではない。

②はちみつもそこまで好きではない。

②東京土産にはねんりん屋のバウムクーヘンをリクエストしていたのに裏切られた。

以上のネガティブな気持ちが低評価に繋がったものだと考えました。メーカーの方が一生懸命企画して、商品化したものなのでバナナとはちみつが好きであればきっと美味しいんだと思います。ごめんなさい。本当にごめんなさい。

何のフォローにもならないかもしれませんが、ミルクチョコレートにバナナチョコが包まれた東京チョコばな奈は大好きでした。今はもう販売していないのか、キットカットコラボのチョコレートがありますね。これも美味しかったです。

皆様もオンラインショップから是非どうぞ。

生き物探検隊⑯

今日は庭で久々にアマガエルを発見!!

f:id:hylajaponica666:20181012145354j:plain

目の中にある泣き黒子のような模様がなんともセクシーな彼女。紫がかった菊もいい雰囲気を醸し出しています。

f:id:hylajaponica666:20181012145415j:plain

f:id:hylajaponica666:20181012145448j:plain

食べ頃のピーマンを彷彿とさせる丸々した背中は艶々のプッリプリ。僕は菊になりたい。菊になって踏みにじられたい。

興奮状態で色々な角度から写真を撮っていたら、残念なことに落ちていた飼い犬のう〇こを踏みました。

f:id:hylajaponica666:20181012150336j:plain

雑種丸出し、オス、15歳。最近顔に白髪が増えてきた。

…うわぁ…プッリプリしたてのやつだ。うわぁ…

お爺ちゃんのお陰で一瞬でテンションが元に戻りました。どうもありがとうございました。

農作業をサボっていた罰が当たったんだと思います。美しくない話をしてすみません。

 

一匹で花畑にいたのは、家の近くではあまり見かけないやや小柄で地味なトンボ。

f:id:hylajaponica666:20181012154545j:plain

あっ、目が合った。好きになっちゃう。

f:id:hylajaponica666:20181012154619j:plain

シオカラトンボのメスかと思いましたが、翅の付け根と先端に色がついていました。

「10月」「トンボ」「翅の先端」「色」で暫く調べた結果、ノシメトンボノシメトンボではないかと思います。リスアカネは顔に眉斑がないらしいので。

うーん、昆虫は難しい…

 

窓ガラスにくっついていたのは褐色タイプのカマキリさん。

f:id:hylajaponica666:20181012172011j:plain

f:id:hylajaponica666:20181012172033j:plain

垂直のガラスをすいすい登っていけたら楽しいだろうな。登ったところで何にもないんですが。

 

今日のおやつは大分土産、明礬温泉岡本屋監修「元祖地獄蒸しプリン風味サンドクッキー」。

f:id:hylajaponica666:20181012173843j:plain

f:id:hylajaponica666:20181012173903j:plain

カラメル風味のラングドシャのような舌触りのクッキーに、プリン風味でパフが入ったチョコレートがたっぷりサンドされ、サクサクで美味しい。わりと大きくて厚みがあり、1、2個でお腹いっぱいになります。

12個入りで約1200円。クッキー系のお土産にしては若干お高めですが、パッケージも可愛くて美味しいので皆様もぜひお試しください。

朝方冷えると膝痛い。

今年の稲刈りも無事終わり、昨日保有米が家に到着しました。

ああ…米冷蔵庫がいっぱいになる幸せ。何かあっても米だけは食べられるという安心感。まだ玄米なんですけどね。精米する前にあと15㎏はある古米を一生懸命食べないといけません。

 

お隣の田んぼの畦に毎年咲くクリーム色の彼岸花

f:id:hylajaponica666:20181011144536j:plain

昼過ぎから芝刈り機をかけてしまうそうで、記念に写真を撮らせてもらいました。ひしめく真っ赤な彼岸花「墓地!」って感じがしてちょっと苦手なんですが、この色は群れていてもお洒落で可愛いと思います。

 

もともと野菜畑にあって、1ヶ月ほど前に邪魔になって花畑へ移動した夏菊は、最近真夏より綺麗な花を咲かせてくれるようになりました。

f:id:hylajaponica666:20181011152417j:plain

もうキキョウは終わりそうだし、百日草は日保ちしないしで、仏壇の花が枯渇して悩んでいた中の救世主。長持ちするようしばらくチヤホヤお世話することにします。

 

10月8日に種を蒔いたひなげしとスターチスは無事発芽。

f:id:hylajaponica666:20181011154133j:plain

f:id:hylajaponica666:20181011154206j:plain

トルコキキョウは相変わらずフードコンテナに種が並んでいるだけ。

心配なのがアスター。9月初めポットへの種蒔きで芽が出ず、9月17日にもう1度花壇に蒔きなおしたんですが、一向に発芽する気配なく、じわじわ雑草だけが生えてきました。秋蒔き、ひょっとして難しいんだろうか。10月いっぱい待って芽が出なければ、もう諦めて春蒔きにする予定です。

 

そして正月に向け、葉牡丹と12月咲の菊の苗を植えました。

f:id:hylajaponica666:20181011162032j:plain

 

今日のおやつは京都の親戚のお土産、をぐら山春秋「ARARE&CHOCOLAT」。

f:id:hylajaponica666:20181011155836j:plain

f:id:hylajaponica666:20181011155840j:plain

周りにチョコレートがコーティングされたあられを想像していたら、独立したあられとクッキーのパックでした。バニラ・抹茶・チョコのクッキー、焼きチョコレートのような食感で味は濃厚、中心部にほんのりおかきのような香ばしい塩味がするようなしないようなやっぱりするような感じで、非常に美味しかったです。

花畑絨毯化計画。

先日、ご近所の90オーバーのお爺様が、台風接近中の雨と強風の中家で採れた秋の味覚を届けてくださいました。

f:id:hylajaponica666:20181008073442j:plain

所々青くて酸っぱそう…に見えますが、ここのみかんはいつだってとても甘いのが不思議。

f:id:hylajaponica666:20181008073501j:plain

小さめの栗は蒸し焼きにしました。小粒ながらしっかり栗の味がして、甘みもあって美味しかったです。

みかんと栗を届けた後、お爺様は自宅へ。と思いきや、どれくらい増水しているか確認しに田んぼと川の方向へ。

やめろぉぉぉぉぉお!!!

見てくるから!水門くらい自分が行って見てくるから!!

なんて人任せでは納得しないお爺様。仕方ないので一緒に川まで行き、田んぼの状況も確認し、歩いて家まで送り届けてきました。

悪天候での田畑の見回り中に、1年で10人近くの方が亡くなっているそうです。少しでも農業被害を小さくしたいというお気持ちは分からなくもないですが、何よりも命あっての農作物だと思います。

 

今回の台風は大きな被害なく過ぎ去ってくれ、そろそろ早々と買うだけ買っておいた球根や花の種を植えることにしました。

f:id:hylajaponica666:20181008133904j:plain

ブローディアはそのまま花壇へイン。

ラナンキュラスはいきなり給水させると球根が破裂したりするそうなので、ネットを参考に濡れたキッチンペーパーに包み、ジップロックして冷蔵庫に入れました。

f:id:hylajaponica666:20181008135239j:plain

時々水を足しながら、2週間ほどして無事に発根していたら植え付ける予定です。

 

去年植えて球根を取っておいたはずのフリージアは残念ながら行方不明。

買おうかどうしようか悩んでいたら、去年フリージアを植えていた辺りから明らかに雑草ではない葉っぱが出てきていて、これをフリージアとすることにしました。きっとフリージア。多分フリージア。祖母に小言を言われるのでどうかフリージアであってくれ。

 

今日植える花の種はこちらの5袋。

f:id:hylajaponica666:20181008140924j:plain

f:id:hylajaponica666:20181008140946j:plain

ひなげし、スターチスは花壇にダイレクト蒔き。

トルコキキョウは発芽まで1ヶ月程度かかるらしく、外に蒔いたら絶対に見失うと思い、穴を開けたフードコンテナに蒔いて室内で苗を作ることにしました。

f:id:hylajaponica666:20181008141620j:plain

とりあえず7×4で28粒。

…1ヶ月か…長いな…途中で飽きそうだな…

種蒔きの為に色々調べて初めて知りましたが、トルコキキョウを種から育てるのは難しいそうですね。今年は6月頃にもう蕾のつきそうな大きめの苗を一本298円で購入したので、1袋160円の種から1本でも花が咲いてくれたらいいなと思っています。

 

目標は来年の春、花畑をハウステンボスのような花の絨毯状態にすること。

長崎のハウステンボス、九州以外の人にもメジャーなんだろうか。100万本のチューリップ!とか、1万発の花火!とか、クリスマスのイルミネーションが有名な観光施設で、大昔はもっと気楽に遊びに行けたような気がするんですが、年々料金が値上がりして最後に行ったのは15年前の修学旅行。

万が一宝くじに当たったら、敷地内のホテルに2、3泊してゆっくり園内を堪能してみたいです。

恐怖!オオスズメバチとランデブー~挿し木のバラが開花しました編~

最近小屋が空き缶や空き瓶でゴミ屋敷と化してきたので、そろそろ捨てに行こうと朝から車に沢山積み込み、資源回収場へ。

数分走ったところで、後部座席を飛び回る黒い影を発見。ゴミにハエでもついてきたんだろうと放っておくと、ハエがやたらと大きな羽音を立てながら助手席に着地。

…あっ、オオスズメバチじゃん。やべぇ。

今思うことはただ一つ、娘を連れてこなくて良かった。それは良かったんですが、狭い車内でハチと一騎打ち、しかもこちらは運転中。圧倒的に不利。とりあえず刺激しないように呼吸を最小限にし、気配を消してみることに。そのうちハチが後部座席に移動したので、左後方の窓をオープン。

風圧で運転席に飛んでくるハチ。

Noooooooooooooooooo!!!

ちょっと路駐して追い出して…と考えていると、いいタイミングで車線変更して後ろにつくパトカー。うーん、ここでいきなり左車線に逃げて停車したりしたら不自然じゃないだろうか。そもそもわりと交通量のある場所で車を止めたら怒られそうな気がする。いや、でもこちらは生命の危機だし、職質されたって車に疚しいものは何も…

…包丁とノコギリとロープがあるな。

刃物は研ぎに出そうと思って載せていただけなんですが、ハチに刺されるのとお巡りさんに怪しまれるならハチに刺された方がマシかもしれない。いやそうでもないな。でもとりあえず止まるのはやめよう。

待てよ、大昔伊藤家の食卓という裏技なんかを紹介する番組で、車内の煙草の煙を早く外に出すには対角にある窓を開けるように言ってた気がする。ということで、運転席と左後方の窓をフルオープン。

出ていかないハチ。

ミラーでちらっと確認すると窓の縁にしがみついて耐えている。

こいつ…できる!

と思った瞬間、対向車線を走っていた大きなトラックの風に引っ張られるようにハチは車外へと放り出されていきました。ありがとう、サカイ引越センター。パンダさん、大好き。

ほんの5分にも満たないオオスズメバチとのドライブでしたが、なんだかどっと疲れました。本当に事故を起こさないで良かったです。

 

家では挿し木のバラが開花していて、荒んだ心を癒してくれました。

f:id:hylajaponica666:20181005115209j:plain

 

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

 

 

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

 花は庭植えのビブラマリエの半分ほどの大きさですが、完全に室内で育てているので、虫食いや傷がなくて綺麗です。

 

9月の初めにハダニがわんさかつき、一旦ほぼ丸坊主になったクイーンエリザベスも久々に花をつけてくれました。

f:id:hylajaponica666:20181005115659j:plain

 

マイルドなピンクのミニバラ。祖母のお気に入りなので、そのうちこれも挿し木に挑戦してみようかと思っています。

f:id:hylajaponica666:20181005115751j:plain

 

九州は明日また台風が来る予定です。

稲刈りが中止になったり、運動会が延期になったり、それくらいはいいのですが、怪我人が出ないことを祈るばかりです。

生き物探検隊⑮

昨日、長らく置きっぱなしだった植木鉢をどけると、なんとそこには大きなカエルが!!

f:id:hylajaponica666:20181003023954j:plainf:id:hylajaponica666:20181003024053j:plain

f:id:hylajaponica666:20181003024204j:plain

体長約6cm。背中に控え目なイボがあり、裏返すと腹には点々模様、大腿部には黒の縞々。そして見かけによらずコロコロコロ…というような、なんとも風情ある可愛らしい鳴き声。

トノサマガエルでもヒキガエルでもなく、イボガエル(ツチガエル)にしては背中のイボが地味な気がします。ヌマガエルの背中に線がないタイプかとも思いましたが、ヌマガエルは腹が白かったはず。しばらく図鑑を眺めてみましたが、どれもいまいち自信が持てませんでした。カエルにお詳しい方、教えてくださると大変ありがたいです。

植木鉢にはヒビが入っていて処分する予定だったのを、放したカエルが再び下に潜り込んでいったので、捨てるに捨てられなくなりました。春まで住んでくれるつもりなら嬉しいなぁ。

 

台風で枝がブラブラになったピーマンにはお洒落な翅の蛾がとまっていました。

f:id:hylajaponica666:20181003131100j:plain

手元のポプラディア大図鑑に載っていなかったので、「蛾」「黄色」「白」「小さい」「可愛い」等のワードで一生懸命検索するも出てこず。

諦めかけたその時、『「ピーマン」「害虫」で調べてみなさい』との天(祖母)の声が!

ピーマンの害虫で出てくるのはメイガやタバコガ。「メイガ」「黄色」で検索するとヨツクロモンミズメイガやコアトモンミズメイガあたりがよく似ています。でもやっぱり気になるので、今度図書館で蛾オンリーの図鑑を借りてきて調べてからご報告しようと思います。

 

ボロボロの黒豆の葉っぱにいた、これまた名前の分からない昆虫。

f:id:hylajaponica666:20181003143827j:plain

第一印象はカメムシ

図鑑を開くと…あった!ホソヘリカメムシの幼虫だ!

もっと小さな頃はアリに擬態して身を守っているそうです。この子もまだそれほどカメムシ感が強くなくて可愛らしい。背中に逆三角形ができると一気にカメムシになりますね。

 

安心のオンブバッタさん、フタトガリコヤガを添えて。

f:id:hylajaponica666:20181003152454j:plain

f:id:hylajaponica666:20181003152536j:plain

f:id:hylajaponica666:20181003152601j:plain

 

昨日やっと白菜の苗を植えたら、一晩で2本もネキリムシにやられてしまい祖母激怒。「絶対に始末してやる」と早朝から土をほじくり返していました。

葉物野菜は家で適当に育てるとなかなか綺麗にできないし(うちだけかもしれません)、収穫できる頃にはだいたい安く買えてしまうので、もう買って食べた方がいいじゃないかと思うのですが、それでは駄目らしいです。

頑張れ、ばあちゃん。

サツマイモに復讐

佐賀県は夕暮れ前には台風が通過し終わり、今は何事もなかったかのように鈴虫の声が聞こえています。

雨はそれほど降らなかったものの、強い風が数時間続き、オクラとピーマン、花畑の菊、蕾がついて高く伸びていたバラの枝がボッキリ折れてしまいました。ああ、一昨日雨の中一生懸命支柱を追加したのに…

f:id:hylajaponica666:20181001013457j:plain

f:id:hylajaponica666:20181001013515j:plain

f:id:hylajaponica666:20181001014144j:plain

背が低いので無事だったミニバラさん達。

植物はまた育てればいくらでも取り返しがつくので構わないのですが、これから台風が通過する地域の皆様、怪我だけはしないようにお気を付けください。近くの親戚の家ではフェンスが吹き飛んだり、自転車置き場が倒壊したりしたそうなので。本当に、人に当たったりしなくて良かったです。

 

さて、今まで幾度となく蔓につまづいて転ばされた宿敵、我が家のサツマイモ。

 

kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

 

f:id:hylajaponica666:20181001020744j:plain

収穫後、外に放置しておいたら葉っぱが出始め、ファンシー路線に向かおうとしているのに腹が立ったので、油鍋に放り込んで大学芋にしてやりました。

f:id:hylajaponica666:20181001022222j:plain

…ふっ、人間を馬鹿にするとこうなる。

外側はしっかり飴にしてカリカリ派の自分と、白く固まった砂糖でシャリシャリ派の祖母。フライパンの前で地味な小競り合いがあり、結局飴と砂糖の中間という非常に中途半端な仕上がりに。

多分2つとも同じ種類のイモなんですが、片方はポクポク、片方はねっとりした食感でした。ねっとりの方が甘みが強くて美味しかったです。

 

そして昨日は冷えが厳しく、思い切って朝からコタツを出してしまいました。

…あー…人間が駄目になる。もう出れない。新調したフカフカのコタツ布団、最高。

駄目人間から廃人に昇格。いや、人間としては降格でしょうか。9月にコタツはちょっと早すぎるんじゃないかと思っていた気持ちはどこへやら、早速家族全員で入り込んで2時間以上うたた寝をエンジョイしました。

明日は快適なコタツ生活のために、頑張ってみかんを買いに行こうと思います。