野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

2019生き物探検隊①

春の過ごしやすい気候は束の間、今日の温度計は29℃。いきなりの夏。

こんな暑い日は家の中でダラダラするに限る…と思っていたのに、花畑に蝶が遊びに来ているのを見つけ、ついつい外に出てしまいました。

 

もう終わりかけのラナンキュラスには同じ色のモンシロチョウ。

f:id:hylajaponica666:20190422193011j:plain

 

黒目の可愛いベニシジミ

f:id:hylajaponica666:20190422193044j:plain

f:id:hylajaponica666:20190422193107j:plain

同じ場所にルリシジミも数匹飛んでいましたが、こちらは1秒たりとも静止してくれず、ピントの合った写真が撮れませんでした…

 

分葱にかけた水を吸いに、小振りなナミアゲハも飛んできてくれました。

f:id:hylajaponica666:20190422193129j:plain

 

空の植木鉢の下にいたアマガエル。ぽちぽち模様がお洒落。

f:id:hylajaponica666:20190422193204j:plain

 

こちらはヌマガエルさん。ナスの苗に被せた袋の中で。

f:id:hylajaponica666:20190422193227j:plain

 

ジャガイモ畑ではナナホシテントウに混ざって、ヒメカメノコテントウがいました。

背中の模様がスマイリー。

f:id:hylajaponica666:20190422194308j:plain

可愛いうえにアブラムシまで食べてくれる、ありがたい畑の住人です。

 

外に出たついでにツツジの植え込みの草むしりをしていたら、大きな羽音を立てながらキムネクマバチがゆっくり接近してきました。

オスは刺さないと分かっていても、20cmの距離までビックサイズの蜂に迫られるとドキドキしますね。

最近はアシナガバチも頻繁に見かけるようになったので、家に巣をかけられないようにそろそろ見回りを始めないとなぁ。

マリンワールド海の中道

今日は「膝が痛いから私は留守番で…」という祖母を、「いや、これが人生最後の海になるから」と引きずって、マリンワールド海の中道へ遊びに行きました。

大学生の頃は福岡に住んでおり、4500円で年間パスポートを購入し、今の結婚相手と多い時は週2で通いつめた思い出のマリンワールド。学校が終わってバイクで水族館に行き、ショープールの観覧席でオフタイムのイルカと博多湾を眺めながら持参した弁当を食べていました。そう、我々にはお金が無かったのです。

あれから6年。

2017年に全館リニューアルがあったらしく、思ったより内装が変わっていてびっくり。

f:id:hylajaponica666:20190421154306j:plain

丁度今日までゆかいないきもの図鑑とコラボしたイベントがあっていました。

 

入り口で出迎えてくれるメガマウス

f:id:hylajaponica666:20190421160302j:plain

自分が子供の頃はもうちょっと黒かったような気がします。

 

入館してすぐイルカショーの時間になり、ソフトクリームを食べながら観覧。

f:id:hylajaponica666:20190421154354j:plain

f:id:hylajaponica666:20190421154418j:plain

f:id:hylajaponica666:20190421154447j:plain

ハナゴンドウというクジラ体形のイルカが2頭ショーに出ていました。

重そうなボディで一生懸命ジャンプするのが可愛い。

 

30分程度のショーを楽しみ、さてお次は涼しい館内をゆっくり見学…と思ったところで問題発生。

もうすぐ3歳の娘、暗闇が怖いと号泣。

抱きかかえて普段なら喜びそうな綺麗な小魚を見せようとしても、「いやだよぅ…明るい所に連れて行ってよぅ…」とシクシクシクシク。

仕方ないので館内のお魚は全て諦め、屋外にある『かいじゅうアイランド』をゆっくり見て回りました。

水面に浮かんで眠たそうなカマイルカ

f:id:hylajaponica666:20190421154521j:plain

アザラシには300円でイカナゴ4匹の餌やりが出来ます。

水の中に直立して魚を待つアザラシに娘の笑顔がやや復活。よかった。

f:id:hylajaponica666:20190421154556j:plain

ケープペンギン。

f:id:hylajaponica666:20190421154627j:plain

f:id:hylajaponica666:20190421154652j:plain

換羽期なのか、中途半端に毛がモサモサしている子もいました。

 

2階売店前のM-cafe限定、ラッコまん(黒)300円。

白黒2個セットだと550円でちょっとお得です。

f:id:hylajaponica666:20190421154758j:plain

勝手にあんまんだろうと思いこんでいて、齧ったらまさかの肉まんでした。

 

姪へのお土産、マリンワールド限定『ハイ海中ハイチュウ』680円。

f:id:hylajaponica666:20190421154829j:plain

中身は普通のハイチュウみたいです。

 

自宅用にはおつまみとして水族館限定『亀田の柿の種』630円。

f:id:hylajaponica666:20190421155412j:plain

1個1個可愛いマリンイラストのテトラパックに入っており、小分けにして配るのにも良さそうです。

まだほたてバター風味しか食べていませんが、普通の柿の種より若干味が濃い目でほたての香りもし、ビールが欲しくなる美味しさでした。

 

昼前に早々と退館した後は志賀島をぐるっとドライブして帰宅。

暗闇の恐怖を引きずっていた娘のテンションは終始いまいちでしたが、祖母と1歳の息子は滅多にない遠出をエンジョイしてくれていました。

 

…ああ、真っ暗な深海魚の展示エリア、見たかったなぁ…

無駄遣いとは、こういうことさ。

今日は朝からアクの強い親爺がいる苗物屋さんへ行き、夏野菜の苗を買ってきました。

 

まずはオクラ。

食べ比べしてみたくて、角形と丸鞘を3ポットずつ購入。

f:id:hylajaponica666:20190417092101j:plain

ここの苗物屋さんのオクラは必ず1ポットに3本ずつ苗が入っており、根が混みあったら宜しくないだろうと去年までわざわざ1本ずつにバラして植えていたのですが、そのままくっつけて植えた方がよく育つということを今さっき教わりました。

なんてことだ。

 

ナスは接ぎ木の方が丈夫でオススメとのことで、親爺に言われるまま普通のものより80円高い接ぎ木の長ナスを2ポット。

f:id:hylajaponica666:20190417092131j:plain

 

100円のピーマンも2ポット。

f:id:hylajaponica666:20190417092206j:plain

 

80円のキュウリも2ポット。

f:id:hylajaponica666:20190417092309j:plain

 

ミニトマトは今赤いフルティカを種から育てているんですが、ちょっと違うものも植えてみたくて、オレンジ色のオレンジキャロル?と黄色いイエローミミを買ってみました。

f:id:hylajaponica666:20190417092240j:plain

 

既にある、そしてさほど食べるのは好きでもないミニトマトを買い足したことが無駄遣い…ではなく、本当の無駄遣いはこちら。

f:id:hylajaponica666:20190417092341j:plain

『家庭菜園用キュウリの型 デコ☆きゅう♡』、838円。

…はっはっは。

…バカだなぁ。

苗物屋さんの棚に何年も前から埃をかぶっていて、「こんなん買う奴おらんやろ…」と思っていたキュウリを星型に育てるだけのケース。

一緒に行った娘が目をキラキラさせながら持ってきて、何かこう、気がついたら体が勝手にお会計を済ませていました。

家に帰ってきて改めて感じる、やっぱコレ買う奴バカだなぁ。

100均ならまぁ分からんでもないですが、838円。そこそこ高い。

ひょっとしたらAmazonの方が安かったんじゃなかろうかと思って調べてみると、同じものが1440円で売られていました。…えっ?

開けてみると意外にしっかりした容器。

もう買ってしまったものはしょうがないので、今年の夏は子供たちの為に一生懸命星型キュウリを作ります。

鼻が詰まっている時、山に登るのは危険。

先週の土曜日は非常にいい天気だったので、佐賀県の数少ない観光スポットである『御手洗(おちょうず)の滝』に子供達を連れて行ってまいりました。

御手洗の滝は昔も見に行ったことがあって、滝までの山道はそう険しくなく、最寄りの駐車場からなら徒歩15分くらいでサクサク到着…

…到着…

…到着できていたはずなんです、十数年前は。

4月の初めから引いている風邪がまだ治りきってはいない中の山登り。

もともと鼻が8割方つまっていたところに、花粉でも飛んでいたのか山に入った途端止まらなくなった鼻水。

鼻を拭けるようなものがポケットティッシュ1個しかなく、2歳の娘と手も繋いでいるし、垂らしっぱなしにするのもみっともないので頑張ってすするわけなんですが、空気はほとんど入ってこずに段々と酸欠になってくる。

口呼吸すれば鼻が垂れる。鼻をすすれば息ができない。小さな2の滝を過ぎたあたりで軽い頭痛もしはじめ、若干視界がぼんやりする。そこへ「頑張って登ってるからチューして~」とトドメをさしにくる娘。

死にかけながら一生懸命辿り着いた滝は、すごく綺麗だったと思っておかないと救われません。

f:id:hylajaponica666:20190415144417j:plain

f:id:hylajaponica666:20190415144431j:plain

 

ササッと滝を観賞し、2歳児に手を引いてもらいながらなんとか無事に下山。

その後は駐車場のすぐ近くにある『自然の森 フィッシングリゾート』で平和にヤマメ釣りを楽しみました。

竿1本、エサ・ヤマメ2匹・ドリンクバー付きで1500円。釣れたヤマメはリリース不可で、3匹目以降は1匹300円でお持ち帰りできます。

お店の人に頼めばその場で焼いてくれますが、もうちょっと料金がかかったような。

f:id:hylajaponica666:20190415144451j:plain

家族全員分の4匹を釣り、家に帰って塩焼きにしました。

可愛い娘の初獲物。自分は魚の中でも川魚が特に苦手で、鮎とかになるともうほんとに1口も食べられないんですが、このヤマメは臭みもなく身も骨からはがれやすく、非常に美味しかったので1匹ペロッといただけました。

 

休日でも人が少なくて快適なので、皆様もぜひ佐賀県に遊びに来てください。

かげろうの君

前回の更新から風邪をこじらせて寝込んでおりました。

喉の腫れは徐々に引いてきたものの、今度は鼻水が止まらなくなり、頭の中が空っぽになりそうなほど鼻をかんでいます。

25を過ぎた頃から、風邪も治らない、怪我も治らない、いつもどこかの臓器が痛い。

それでも可愛い子供達のため、頑張って長生きしようと思います。

 

久々に外に出ると、庭のツツジが満開になっていました。

f:id:hylajaponica666:20190411191159j:plain

f:id:hylajaponica666:20190411191226j:plain

子供の頃はよく花をつんで蜜を吸っていましたが、ある時花の中にいたアリを一緒に吸い込んでしまい、舌をガッツリ噛まれたのがトラウマになって卒業しました。

有毒のツツジもあるそうなので、皆様もツツジを吸うときには十分お気を付けください。

 

恥ずかしいほど汚い窓に、宝石のようなクサカゲロウ

f:id:hylajaponica666:20190411191404j:plain

こんな見た目でアブラムシをバリバリ食べてくれるそうなので、優しくコップで捕獲し、そっと野菜畑に放してきました。

この写真を「綺麗な虫発見!」と姪にラインすると、「相変わらず家の虫セキュリティがガバガバだね」とお返事をくれました。

うーん、女の子は手厳しい。

ダブル夜泣きで限界寸前

昨夜は家族が泊まりの仕事で、もうすぐ3歳の娘と1歳の息子に挟まれて就寝。

あー、あったかくて幸せだなぁ、スピスピ鳴ってる鼻息もカワイイなぁ…

なんて思っていたのも束の間。

夜10時、数日前からあった喉の痛みがぐっと悪化し、ひどい悪寒を伴いながら熱が40度近くに上昇。

扁桃腺は昔からしょっちゅう腫らしているのでもう慣れたもの。ゆっくり寝ていれば朝には良くなっているはずと、布団を1枚増やして再び就寝。

夜11時、突然娘が「イヤだ!イヤだぁ~!!」と泣きながら脇腹キック。いてぇ。

布団をかけたり背中をトントンすると、目を瞑ったまま更に激しく暴れながら号泣。揺すっても叩いても話しかけてもダメ。

…あー、姪も何かこんな時期あったわ…

と熱に朦朧としながらやっとこさ娘をおんぶし、眠った息子を起こさないように廊下に出てひたすら徘徊。

30分程で寝てくれたので、細心の注意を払いながら背中から布団へリリース…

「あ゛あ゛~!おろさないでよぉ~!!もうイヤだぁ~!」

…チーン。

釣られたての青魚のように布団の上でビチビチする娘を引きずり、ただいま廊下さん。

幸い2回目はすぐに寝付いてくれ、今度は無事に布団にも寝かせて一安心…

「…ぅっ、うえっ、うわぁぁ~!」

息子よ、次はお前か!!!

普段は泣き出してすぐ抱き寄せてトントンしてやればまた寝てくれるんですが、今日に限って悪い夢でも見たように寝ぼけていて、枕元で膝立ち→顔面に頭突き→膝立ち→頭突きのループ。

…うーん、ちょっと歯で口の中が切れたぞ。

添い寝での寝かしつけは諦め、本日3度目の廊下で徘徊。

…いかん、寒い、吐きそう。

そこをなんとか踏ん張って30分後、息子の寝息を確認して部屋に戻ると布団に正座してキレている娘。

…あー…

そして布団に置いた瞬間息子が覚醒、号泣。

…あああ…

気楽な農民の身分なもので、いつもは夜泣きされたって昼間寝ればいいやと思えるんでるが、自分の体調が宜しくないと次第にイライラしてくる。

泣きながらダッコをせがんで蹴ってくる娘を溜め息をつきながらついビンタしそうになり、これはガチでまずいと思いとどまって、号泣チルドレンを寝室に残したまま、暗闇の台所でロールちゃんを1本食いし心を落ち着けてから戦場へ。

結局叱っても宥めてもあやしても5時までどちらか1人が起きている状況で全く眠れず、自分はしっかり扁桃腺が腫れ、死にかけのジジイのような声になってしまいました。

それでも冷静になって朝日に照らされる寝顔を眺めていると、やっぱり子供達は可愛い。小さい子の鳥のクチバシのような口元を見ていると、イライラしてビンタなんてとんでもないことに思えてくる。

うちの子供達は滅多に夜泣きをしたりはしないので、夜泣きがひどいお子さんや、夜中に泣かせていると苦情が来るような住宅の親御さんは更に大変だろうなぁ…と思います。

成長に伴った大変さはずっと続くわけじゃないと言いますが、そんなこと言われたって今辛いものは辛いし、子供が大きくなったらなったできっとまた別の悩み事が出てくるはず。

夕方仕事から帰ってきた家族に、「君は職場で1人自由にできていいね」なんて嫌味を言ってしまわないように、寝不足と体調不良のイライラをパン生地にぶつけながらアーモンドパンを焼きました。

f:id:hylajaponica666:20190405171602j:plain

家族はわりと日頃の感謝を口にしてくれる方なので、自分も外で働いてきてくれることにまずは感謝し、お疲れのところ申し訳ないけど体調が悪いから今夜はちょっとゆっくり寝たい旨を伝えてみようと思います。

 

日中布団でグッタリしていると、姪と子供達が庭のラナンキュラスを摘んで元気になるようにとプレゼントしてくれました。

f:id:hylajaponica666:20190405172052j:plain

よし、明日もまた頑張ろう。

6ヶ月目のトルコキキョウ

昨年の秋頃畑の隅にかなり深い穴を掘り、生ゴミや落ち葉や抜いた雑草を埋めて肥やしを作っていたのをすっかり忘れ、今日うっかりその上を通ったら地盤が沈下して足首を捻りました。たっどぽーるです。

負傷はしましたが、フカフカの土が出来ていたので良かったと思います。

 

昨日今日と農作業中に汗が滲むくらいの気温で、庭の石楠花も花が開き始めました。

f:id:hylajaponica666:20190404154813j:plain

 

花畑には赤と紫のフリージア

f:id:hylajaponica666:20190404154838j:plain

f:id:hylajaponica666:20190404154903j:plain

植えっぱなしで水やりも施肥も霜除けもしなかったせいか、草丈が25㎝ほどしかなく、切り花にしてもいまいち格好良くないのが残念です。

今年の冬は小さなビニールハウスでもDIYしようかなぁ。

 

そして種蒔きから6ヶ月目のトルコキキョウ。

f:id:hylajaponica666:20190404154928j:plain

最近根元から沢山葉が出る形態になってきて、「これはもしやロゼット化?」と心配になり、ネットで栽培の記録を調べてみると今の時期は皆さんこんな感じだったのでちょっと安心しました。

 

8月に花が咲くとしてあと4ヶ月。あぁ、長い。

これで花が咲かなかったら、自分はトルコキキョウなんてもう二度と蒔かないぞ。