野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

霧島SA先行販売・インスタントの宮崎辛麺を作ってみた

最近草刈りをした畦道からつくしがニョキニョキ生えているのを見付け、ああ春だなぁと思いました。

f:id:hylajaponica666:20190222144247j:plain

除草剤もいまいち効かず、コンクリートを突き破り、庭にも沢山生えてくるつくし。

もっと美味しければありがたいんだけどなぁ。

 

今日の昼食は、2週間ほど前宮崎に帰省した際、霧島SAで辛麺を食べた上に購入していた『てげうめぇマルシェ 本格宮崎辛麺』。

1食入り550円、2食入り980円。

インスタントにしてはかなりお高いので、美味しくなければ激怒です。

f:id:hylajaponica666:20190222144317j:plain

中身はめん、スープ、かやく、辛タレ、唐辛子が2袋。

f:id:hylajaponica666:20190222144543j:plain

かやくには分厚いにんにくチップが沢山入っていて良い香り。

500mlの沸騰したお湯で麺を3分30秒茹で、スープ、かやく、辛タレを投入。

…うーん、思ったより色が薄いな。

唐辛子は1袋にするか、2袋にするか、麺を茹でている間かなり悩みましたが、最初なのでここは様子見で1袋にしました。

…おっ、唐辛子が入ると辛麺ぽくなって美味しそう。

美味しいお召し上がり方に従い、出来上がり間際に溶き卵を2個分投入。

卵が入るととろみがつき、見た目にもグッと辛麺感がアップ!

f:id:hylajaponica666:20190222144612j:plain

2人で分けて食べたので、写真は半分の量になります。

お味の方はかなり本格的な辛麺で大満足でした。

インスタントなので、さすがにこんにゃく麺のこんにゃく感はいまいちですが、にんにくがたっぷり入ったスープの味はかなりお店で食べるものに近かったです。欲を言えばもうちょっと挽肉とニラが欲しい。

残ったスープにはご飯を投入し、最後まで美味しく完食しました。

宮崎にお立ち寄りの際には、皆様もぜひお試しください。

トルコキキョウを庭植えに

最近義実家にアメショーの子猫がやってきまして、これがまた可愛いのなんの。

f:id:hylajaponica666:20190221181455j:plain

初対面にもかかわらず膝に乗ってなでなでを要求し、夜は布団に潜り込んできて朝まで添い寝してくれる大サービス。可愛い。猛烈に可愛い。うっかりバッグに入れてお持ち帰りしたくなるほどの可愛らしさ。

ああ、うちのお爺ちゃんも15年前はこれぐらいの可愛げが…

f:id:hylajaponica666:20190221182354j:plain

…いや、なかったわ。1ミリもなかったわ。

父親はキャットショーのチャンピオンだったらしいですが、そんなDNAを微塵も感じさせることなくペットショップで売れ残り、値引きに値引きを重ねられ2万で我が家にやってきた時にはもうだいぶやさぐれていたお爺ちゃん。

値札には雌と書いてあったのに、不妊手術に行ったら去勢されて帰ってきたお爺ちゃん。

それでもなんだかんだ可愛いお爺ちゃん。

来月には16歳の誕生日を迎えます。母親は自分が14の時に亡くなったので、親より猫と暮らした時間の方が長いというのは不思議な気分。

まだまだ長生きしてください、お爺ちゃん。

 

さて、前回の記事でアブラムシを駆除したトルコキキョウ。

f:id:hylajaponica666:20190221181523j:plain

今日何の気なしにポットを持ち上げ、底の穴から根が出ているのを発見してしまったので、佐賀県はもう十分暖かいこともあり庭に植えてしまうことにしました。f:id:hylajaponica666:20190221181551j:plain

全く準備が出来ていなかった花畑をとりあえず深めに耕し、10本を移植。

f:id:hylajaponica666:20190221181620j:plain

同じ場所に植えて病気なんかが流行ったら全滅するかもしれないと思い、残りの7本は空いていたプランターへ。

今年はあんまり台風が来ないといいなぁ。

 

そしてトルコキキョウに使っていたミニポットが空いたので、勢いで春用に取っておいた花の種も蒔いてみました。

f:id:hylajaponica666:20190221181700j:plain

f:id:hylajaponica666:20190221181737j:plain

種類ごとに色違いのテープで印をつけておこうと思っていたのに、ちょっと離れた隙に2歳の娘がポットをシャッフルし、どれがどれだか分からなくなってしまいました。

一人で大変そうだからお手伝いしてくれようとしたらしいです。うーん。

そんな可愛いことを言われたら、怒るに怒れないじゃないか。

恐怖!トルコキキョウにアブラムシ!

暖かい日が続き、満開の庭の梅。

f:id:hylajaponica666:20190217195233j:plain

これで鶯でもとまってくれれば絵になりますが、今朝は枝がしなるほどスズメが群がっていました。

 

畑の隅でボケの花もひっそり開花。

f:id:hylajaponica666:20190217195305j:plain

 

そして早朝、いつものようにトルコキキョウに水遣りをしていると、葉の根元に黒いゴミのようなゴマのようなものがついているのを発見しました。

f:id:hylajaponica666:20190217195351j:plain

土でも跳ねたのかと爪楊枝で取ってみると、ティッシュの上を素早く逃げていく小さなゴマ。

…うわぁ…アブラムシだ…

昆虫好きを謳いながら、集合体が怖い自分はアブラムシやアリやハダニが大の苦手。

しかも4ヶ月でやっとここまで育てたトルコキキョウをアブラムシごときに食い荒らされてはたまりません。

こみ上げる吐き気を堪えながら地道に爪楊枝でアブラムシを取り除き、小屋にあったスミチオンを吹きかけておきました。

f:id:hylajaponica666:20190217195418j:plain

まだまだ長い開花までの道のり。

最近目に見えて成長速度が速くなり、ようやく世話するのが楽しくなってきたので、なんとか無事にあと半年ほど持ちこたえて欲しいです。

 

今日のおやつは、もうすぐ誕生日の祖母の為に姪達と作ったチョコレートケーキ。

f:id:hylajaponica666:20190217195448j:plain

ケーキ台400円、あまおう1パック580円、バースデープレートセット348円、らくらくホイップ×2で396円、材料費合計1724円。

うーん、イチゴが高い。姪の誕生日には家庭菜園のイチゴとブルーベリーが穫れるはずなのでそれを使おう。

f:id:hylajaponica666:20190217195518j:plain

祖母はそこまでケーキが好きではないのですが、「孫と曾孫が作った」ということに喜んでくれたので頑張って良かったです。

誕生日で86歳を迎える祖母。日本人女性の平均寿命は87.26歳だそうで、あと何回一緒にご飯が食べられるんだろうか、なんてふと考えることがあります。

それは自分にも言えることで、1週間後や1年後に五体満足で生きている保証はどこにもないし、何でもない毎日に感謝しながら大切に生きていかないといけないなと思いました。

魚嫌い、魚を食す。

ほねがある うろこもあるし なまぐさい

 

ということで、自分は魚料理が大の苦手。

にもかかわらず大量に魚をいただき、その場凌ぎで冷凍保存したら二度と日の目を見ないだろうと思い、何とか美味しく食べようと頑張って調理してみました。

関係ないですが、冷凍庫って魔境ですよね。

85歳の祖母は冷凍庫を魔法の箱だと思っているフシがあり、同居を始める時に冷蔵庫の大掃除をしたら昭和の遺物がゴロゴロ出てきました。

 

それはさておき、本題の魚料理の出来栄えやいかに!

 

クロダイの野菜あんかけ>

f:id:hylajaponica666:20190214174528j:plain

 これは非常に美味しかったです。野菜たっぷりな和風のあんが。

きっとこのあんが揚げた鶏肉にかかっていたらもっと美味しかったと思います。

 

クロダイカルパッチョ

f:id:hylajaponica666:20190214174625j:plain

薄く切ったクロダイマジックソルトとオリーブオイルをかけただけのもの。

我が家は今までクレイジーソルトを使っていたんですが、マジックソルトの方が自分は好きだな~と気付いた一品でした。 

 

クロダイ胡麻和え>

f:id:hylajaponica666:20190214174720j:plain

お刺身用に切ったクロダイに、たっぷりの擂りごまと九州の甘めの濃い口醤油を混ぜ混ぜ。 

今日の魚料理の中では一番味がしっかりついていて食べやすかったです。残念なことに家で捌いた魚なので所々骨が残っており、非常にイラッとしました。

 

<スズキの香草焼き>

f:id:hylajaponica666:20190214174801j:plain

ヱスビー食品「魚の香草焼き」のシーズニングを使用し、バターをひいて焼きました。

濃い目の味付けでご飯のおかずといった感じ。シーズニングにパン粉と粉チーズを混ぜたら、カリカリ感と香ばしさがプラスされてもっと美味しくなりそうな気がしました。

きっとこの粉が鶏肉にまぶされていたらもっと美味し…

 

<ヒラメの骨せんべい>

f:id:hylajaponica666:20190214174854j:plain

祖母が作ったヒラメの骨せんべい。160℃でじっくり、カリカリになるまで揚げました。

食べる前から分かっていたことですが、アジなんかと比べて骨が大きく、歯茎から結構な出血が。 

顎を鍛えながらカルシウムの補給が出来ると思うので、歯が丈夫な方にはお薦めします。

 

クロダイのアラ煮>

f:id:hylajaponica666:20190214174945j:plain

 ああだめだ すべてのぶいに ほねがある

 

どれも獲れたての新鮮な魚で臭みはそう感じなかったんですが、やっぱり自分は魚がそう得意ではないなぁと思ってしまったのでした。「魚嫌いにもオススメ!」なんて銘打ってあるレシピは色々あるものの、どれもこれもガチ魚嫌いの自分には今一つです。

うーん。寿司屋に行ってもマグロカツオサーモンのお子様ローテーションで乗り切っているので、赤貝やアナゴを食べているような渋い大人になりたい。

 

f:id:hylajaponica666:20190215191300j:plain

そういえば昨日はバレンタインでしたね。

田舎の既婚農民が若い女の子からチョコを貰える筈もなく、自分でデニッシュ食パンと生チョコを自作して娘と一緒に楽しみました。

…別に寂しくなんかありませんよ。ええ、ほんとに。

宮崎辛麺&桜島に初上陸

鹿児島県人と結婚してはや4年。

年に4~5回帰省しているにもかかわらず、全く観光らしいことをしていないと気付き、「どこでもいいから連れて行ってくれ」とお願いして桜島に行けることになりました。

 

フェリー乗り場からの桜島。暖かい時期にガッツを出せば泳いで渡れそう。

f:id:hylajaponica666:20190212084943j:plain

…ていうか今噴火してない?大丈夫?

と思いましたが、こんなのは全然大したことないらしいです。

 

こちらのプリンセスマリン号に乗船しました。

f:id:hylajaponica666:20190212142521j:plain

桜島フェリーは24時間運航、通勤通学時間帯には一時間に5本も出ているのがスゴイ。

船内には美味しそうなお出汁の香りが漂っていましたが、2人の乳幼児を連れて15分で熱々うどんを間食するのは流石に無理だと諦めました。かけうどんでもさつまあげが乗っているのが鹿児島らしくていいですね。

初めはデッキに出て徐々に大きくなる桜島と写真を撮ったり、無料の望遠鏡をのぞいてみたりしてみたものの、強風と寒さに耐えかねて5分くらいで暖かい船室へ。

車1台と大人2人で運賃は1760円でした。

 

桜島に上陸したというだけでだいぶ満足してしまった自分。

…よし!帰るか!寒いし!

くらいの気分でしたが、折角連れてきてくれた家族に申し訳ないので湯之平展望所なる観光スポットに行ってきました。

腰痛持ちには駐車場から展望所までの階段が辛い。息子が重い。丁度眠たくなってぐずる娘が歩かない。

やっとこさで到着した湯之平展望台は、上る価値ありの景色でした。

f:id:hylajaponica666:20190212144326j:plain

f:id:hylajaponica666:20190212144437j:plain

f:id:hylajaponica666:20190212144504j:plain

展望所にはちょっとした売店があり、お土産としてレトルトの黒豚角煮を購入。

f:id:hylajaponica666:20190212144650j:plain

駐車場には目つきの鋭い野良猫が3~4匹。顔からは想像できない人懐っこさで車の下まで入り込んできて、轢いてしまわないかヒヤヒヤしました。

桜島を出てから知りましたが、この展望所にはハートの石が7つあり、全部見つけると幸せになれるそうです。チッ、そういう娘が喜びそうな情報は早めに…いいんです、家族みんなで観光できたことが幸せなんです。

 

噴火する桜島。道端には沢山の退避壕がありました。

f:id:hylajaponica666:20190212144544j:plain

 

有村溶岩展望所でお手洗い休憩。

f:id:hylajaponica666:20190212144614j:plain

売店にソフトクリームのオブジェがあったので、ご当地物の桜島小蜜柑味なんかがあるのかと期待して行ったら普通にスジャータでした。

250円、チョコとバニラのミックス。うん、普通に美味しい。

 

帰省の〆はいつも通り、霧島SAの宮崎辛麺ライスセット。

f:id:hylajaponica666:20190212144827j:plain

月食べた時より辛みが少ないような、ニラとニンニクがやや少なくてマイルドになったような、そんな印象でした。完全に気のせいかもしれません。

チーズ辛麺なる900円の新商品が出ていて、頼んだ家族がチーズが少ないと愚痴を言っていましたが、麺を食べきった後丼の底に大量のチーズが沈んでいました。初めによく混ぜて食べることをお勧めします。

 

今日のおやつは霧島SAで初めて見かけて買ってみた『宮崎塩キャラメルドルチェラング』。

f:id:hylajaponica666:20190212144856j:plain

f:id:hylajaponica666:20190212144918j:plain

どのあたりが宮崎かというと、塩が宮崎県産らしいです。成程。

パリパリサクサクのマカロンっぽいクッキー生地と、塩キャラメルソース入りのはみ出ている分厚いホワイトチョコレート。子供に持たせると相当散らかるのが難点ですが、味は非常に美味しかったです。

4ヶ月目のトルコキキョウ

10月に種を蒔いたトルコキキョウ。

あれから4ヶ月が経過し、漸く花の苗らしい雰囲気が出てきました。

f:id:hylajaponica666:20190208133103j:plain
kateisaien-yasaitohanatomushi.hatenablog.com

もう100日以上の付き合いなのに、多分発芽して5日目のヒマワリと同じくらいのサイズです。

100日あれば人間の赤ちゃんは首が座り始めてるよなー、なんて思うと長い。すごく長い。

そしてトルコキキョウの栽培方法をもう一度確認していると、育苗期(本葉4枚になるまで)の夜高温(17℃以上?)でロゼット化という茎が伸びない状態になってしまうとの情報が。

自分は4月蒔き用に種を半分残していたんですが、昨年の九州地方5月中旬夜の気温は20℃越え。本葉が4枚になるまで2ヶ月近くかかったので、4月蒔きでは暖かくなりすぎだろうと思い、昨日残りの種をすべて蒔いてみました。

f:id:hylajaponica666:20190208133136j:plain

発芽適温は20℃前後。2月でも昼間の室内は20℃前後はあるので、半分くらい芽が出てくれると嬉しい。

今更ながら、そもそも暖地でトルコキキョウを綺麗に作るのは難しいそうですね。もういざとなったら夜だけ10℃設定の米冷蔵庫に入れてみる作戦でいこうと思っています。

 

地植えのイチゴには12月からずっと花が付き、わきあがる勿体無い精神と闘いながら、春の充実した収穫を夢見て見つける度に千切り取っています。

ついでに赤や黄色に枯れた葉もお手入れ。

雨が降ると結構泥がはねているので、もう少し暖かくなったらマルチングをしようと思って、とりあえず黒いシートだけは買っています。

f:id:hylajaponica666:20190208133159j:plain

我が家のイチゴは重心が低く地面にべたっと這いつくばるようなスタイルというか、花も株元にくっついていて不格好というか、ちょっと深く植えすぎたんじゃないか?と心配になってきました。うーん。
冬のイチゴは寒さから身を守るためにそんなものだと言っている方もいたので、春にはちゃんと茎が伸びて格好良くなると信じたいです。

10ヶ月、初めての入院

f:id:hylajaponica666:20190206170448j:plain

1月中旬、10ヶ月の息子が39度近い発熱。

熱のわりに元気で、水分もとれていたので2日間家で様子観察。一向に熱が下がらず、離乳食を口に入れるとオエッとえづくようになり、さすがに病院に連れていくと尿路感染症でした。

…すまん、息子!

いやー、どうせ突発性発疹だろうから自然に治ると思っていました。本当にすみません。

そして先生から大きな病院の紹介状を渡され、告げられたのはまさかの入院

…ええ…上の子がいるのに大人1人付き添い入院でとられるのはきついやで…

ということで、毎日でも通院するので入院だけは!と言ってみましたが、外来で使える抗生剤の点滴は無いらしく、そのまま入院になりました。

当初は1週間抗生剤の点滴をしたら退院の予定だったのが、血液培養で菌血症を起こしていることが分かり10日間に延長。ついでに母乳性貧血が結構ひどいことが判明し、途中で鉄シロップなんかも処方されつつ、先日何とか無事に退院しました。

ほんの10日間でも、子供が入院するというのは大変ですね。

点滴を踏みながら窓の外のハトを見つけて上機嫌で叫び、隙あらばナースコールをおもちゃにする息子の看病も大変。母親と引き離されて日に日に気難しくなる2歳児の相手も大変。おまけに入院期間中家庭内で吐くタイプの風邪が流行り、祖母から姪まで全員が順番に2日ずつダウンしてしまったのが一番大変だったかもしれません。

子供の世話をするのも4人目になると、体調不良にも慣れがでて、病院でインフル貰うかもしれないしちょっとくらいなら家で様子を見ようと思ってしまうんですが、今後は早めに受診しようと反省しました。

心配していた入院費は、子供の医療費助成制度で手出しはほとんどありませんでした。

本当にありがたい。これからも頑張って納税しよう。

 

冬場のブログは生き物要素が足りていないので、数年前新婚旅行で行った宮島のふくろうカフェ写真をお楽しみください。

f:id:hylajaponica666:20190206170540j:plain

f:id:hylajaponica666:20190206171431j:plain

f:id:hylajaponica666:20190206171500j:plain

f:id:hylajaponica666:20190206171524j:plain

フェリーで宮島に到着した時、低血糖で手が震えるほど空腹で、ねこカフェ的なイメージでふくろうを見ながら軽食くらいは食べられるんだろうと入店したら、ガチでふくろうと触れ合えるだけのお店でした。

朦朧としていて記憶は朧げですが、どの子も大人しくて可愛かったような気がします。

そして外でアメリカンドッグを食べていたら、いつの間にか大きい鹿に囲まれていて若干怖かったのはよく覚えています。

 

今日のおやつは大叔母のお土産、『異人堂 長崎カステラ』。

f:id:hylajaponica666:20190206214408j:plain

カステラ、久々に食べると美味しいですね。

自分は底のザラメがジャリジャリすると歯が痒くなるというか、「うぅぅぅ~!」となるので苦手なんですが、娘はそれが気に入ったらしくザラメ部分だけ齧り取ってくれました。WinWinです。

 

しばらく忙しくしている間に、庭の雑草が生い茂ってしまいました。

明日からまたコツコツ庭仕事を頑張りたいと思います。