野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

文明の利器vsキイロスズメバチ

軒下にキイロスズメバチのちょっと大きくなりだした巣を見つけたので、家族にアースジェットを頼んだところこんなのを買ってきてくれました。

f:id:hylajaponica666:20180514104443j:plain

フマキラースズメバチバズーカジェット:最大噴射距離12m、お値段約1500円。おお、見るからに強そう。

そしてこれ、見掛け倒しでなくめっちゃ良かったです。

もう噴射距離と量がスゴイ。何もなくても噴射したくなるくらいスゴイ。テンション低めの自分でも、うっひょぉぉお!!って感じになります。

祖母がとりあえずで持ってきた小バエキンチョールとは比べ物になりません。

一撃で蜂は仕留めましたが、結局巣に手が届かなかったので、仕方なく放置して風化するのを待っています。さて、何年くらいかかるのでしょうか。

 

そんなこんなで無事に蜂を駆除しつつ、母の日には一輪も咲いていなかったカーネーションにはがっかりでしたが、最近は毎日バラが開花するのが楽しみです。

 

二色のミニバラ

f:id:hylajaponica666:20180514111103j:plain

 

ジャストジョー

f:id:hylajaponica666:20180514111006j:plain

 

マダムヴィオ

f:id:hylajaponica666:20180514111159j:plain

このバラにだけ蕾にアブラムシが大量について、毎日ホースで水を噴射して取り除いていました。ちゃんと咲いてくれましたが、3日連続の大雨と風でちょっと傷んでしまったのが残念。

 

クイーンエリザベス

f:id:hylajaponica666:20180514112736j:plain

 

ビブラマリエとミスターリンカーンは若干日陰に植えたせいか、開花までもう少しかかりそう。一輪一輪の質よりも、たくさん咲かせて楽しみたい派なので、あと面倒なので、摘蕾はせずに育てています。

最近ふとどうしてバラは仏壇に供えてはいけないのか気になって調べたのですが、バラに限らず棘や毒、強い香りのあるものは仏花として宜しくないそうですね。昔花が何にもなかった時、庭に生えていたアザミをお供えしてしまったことがありましたが、仏壇の中の祖父はそんなことで怒ったりしていない…はず。