野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

めろめろメロンパンチ

メロンが食べたい。

 

という欲望がここ二か月で頂点に達し、ついに青果店まで足を運んでしまいました。

その昔祖父が健在だったころ、おねだりしてアスパラハウスの隅っこでマスクメロンを作ってもらい、凝り性の祖父は色んなところから情報を仕入れてそれはそれは見事な編み目のメロンを作り上げたものの、食べたら全然甘くなくて絶望したことがあります。

奈良漬にする瓜かな?と思いました。

 

青果店の品揃えは、編み目のないメロン…580円、メロン…880円、肥後グリーン…970円、めろめろメロン…2127円、マスクメロン…3580円。

早々に箱入りマスクメロン脱落。安くても美味しければいいですが、娘の誕生祝いで食べた以来二年ぶりのメロンです、ハズレを引いて散財だと責められたくない。一人で家の襖をコツコツ張り替えた自分にご褒美も欲しい。

店員さんに怪しまれないよう店を何周かして、スイカを持ち上げてみたりもしつつ、結局これにしました。

f:id:hylajaponica666:20180524125404j:plain

宮崎県産『めろめろメロン』。

みやざき温室光センサーメロンの愛称で、アールスメロンのうち糖度14度以上で外観の美しいものが認定されるそうです。

1206g、直径約15㎝。買ったばかりですがお尻を押すとやわらかく、メロンの香りがただよいます。蔓もいい感じに枯れているし、冷蔵庫で三時間程度冷やしてカット!

f:id:hylajaponica666:20180524130243j:plain

…えっ、赤肉?

 

メロンは断然青肉派の自分、わりとショック。アールスメロンなら青肉だと勝手に思い込んでいました。そして普通にシールに書いてありました、赤肉って。しかもちゃんとめろめろメロン青肉バージョンもあったみたいです。興奮のあまり確認を怠っていました。

あーあ…

 

…気を取り直して、いただきます!

f:id:hylajaponica666:20180524130834j:plain

お~、めちゃくちゃ美味しい!!

熟れすぎる一歩手前くらいで、激甘の果汁が五臓六腑に染み渡ります。果肉はかなりやわらかめ。縦に切ったので、頭からお尻方向に向かって食べると甘さが増していきます。

だいぶ前東海林さだおさんのエッセイに、メロンの皮をどれくらい分厚く残すかでその人の育ちがわかるみたいな内容のものがありましたが、これは皮が薄くてかなり外側まで美味しく食べられました。けして貧しさから皮のギリギリまで削ったわけではありません。

お皿にたまった果汁は、卑しいと思われたくないので家族の目を盗みながらちびちびちびちび飲み干してしまって、折角奮発したのに何だか人間が小さくなった気がしました。