野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

生き物探検隊⑧

ポチャン。

 

しゃがんだ瞬間した、涼しげな水の音に嫌な予感。下を見ると、井戸の中に祖母の花鋏がキラリ。

ああああああああ!やってしまったー!!!

花鋏なんか他にも沢山あったのに、よりによって最近研いだばかりの一番切れる2万近いやつ。見えてはいても長年はめっぱなしの鉄格子の蓋は持ち上がらず、ぎっくり腰も再発の兆しを見せ、10分で救出を諦めて平謝りしました。いつもは鋏も携帯も上着のポケットに入れるのに、今日は何でズボンのポケットに突っ込んでたんだろう。祖母は相変わらず鈍臭いと笑ってくれましたが、しばらくは井戸の側を通る度に落ち込みそうです。

はぁ…

あー…

あっ、格好良いチョウチョ発見。

f:id:hylajaponica666:20180818194323j:plain

南天の葉にキマダラセセリ。可愛い顔にスタイリッシュな模様ととまり方、もう120点です。

子供の頃、こういう感じのイケてる紙飛行機作れる子はヒーローだったなぁ。

 

畑の隅には鳥のような蛾が!ていうかなんて尻だ!

f:id:hylajaponica666:20180818200231j:plain

手持ちの図鑑で名前が分からなかったので、「水色」「蛾」で検索。

…ああ…そうか、水色の蛾の代表といえばオオミズアオか…確かに。

うーん、…「小さい」「水色」「蛾」「尻に毛」………あった!

ワタヘリクロノメイガ(ウリノメイガ)と言うウリ科野菜の害虫だそうです。でも美しいので無罪。しかも雄はお尻の毛塊をグルグル回せるらしく、なにそれ超カッコイイ。

 

イトトンボ達。

f:id:hylajaponica666:20180819090147j:plain

f:id:hylajaponica666:20180819090229j:plain

アオモンイトトンボと…雌で緑のアオモンイトトンボ?いや、上のイトトンボはお尻の青い部分が多いような気がする。ムスジイトトンボ、セスジイトトンボ…???

調べれば調べるほど種類が分からなくなり、目がチカチカしてきたので諦めました。

 

こちらは安心のシオカラトンボ

f:id:hylajaponica666:20180819092841j:plain

 

そして本日のカエルさん、「登る」シリーズ。

f:id:hylajaponica666:20180819093707j:plain

イチゴのランナーをクライミング

f:id:hylajaponica666:20180819093735j:plain

重信さんも支柱をよじよじ。

 

もう早朝は半袖では肌寒いくらいで、いきなりの秋を感じました。カエルの数も全盛期の半分くらいに減ってしまったのが寂しい。そして冬の栽培に向けてそろそろ畑を整理しないといけないのが面倒臭いなぁ。