野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

宮崎県を好きになる。

義理の曾祖母が目出度く紀寿を迎え、お祝いに鹿児島と宮崎へ行ってまいりました。

100歳という事は、1918年生まれ。

1918年の出来事ーーー米騒動

米騒動!?

なんて懐かしいワードだ!

米騒動

日本はシベリア出兵などによる物価の高騰から米騒動が起き、軍隊によって鎮圧されたものの時の寺内内閣が総辞職に追い込まれ、最初の本格的な政党内閣とされる原敬内閣が誕生した。云々。

………へぇ~………

うーん、十年近く前に日本史で習ったような朧げな記憶が。

何にせよ玄孫にあたる自分の息子とは1世紀の年の差なんだなぁ、と思うとわけもなく感動しました。これからもまだまだ元気でいていただきたいものです。

 

宮崎からの帰り道、昼食にいつも食べるのがこれ。

f:id:hylajaponica666:20180923193953j:plain

霧島SAの辛麺(からめん)/ライスセット850円。

こんにゃく麺にピリ辛の肉そぼろと卵がかかり、スライスにんにくとニラがたっぷり。残った汁にご飯を投入して最後まで綺麗にいただきます。

とても美味しいのですが、食べ終わる頃には大量の発汗と鼻水に見舞われ、かつ口臭も結構気になるので、これから誰かに会いに行くという時にはお勧めしません(笑

 

今回は旅費が多めに余ったため、自宅用にもいくつかお土産を購入できました。

f:id:hylajaponica666:20180923204126j:plain

西郷どん、幕末維新の夜明けどら焼き。カッコイイ。

f:id:hylajaponica666:20180923204204j:plain

どら焼き本体に西郷どんの焼き印入り。直径7㎝程度のミニサイズで、ちょっとつまむのにぴったりです。

 

安納芋フィナンシェ。

f:id:hylajaponica666:20180923204227j:plain

f:id:hylajaponica666:20180923204253j:plain

フィナンシェというより、さつま芋の餡でかなり和菓子っぽい雰囲気。地元の水田屋というお菓子屋さんに「つくし峰(つくしね)」という商品があるのですが、それに似ていて美味しかったです。分かりにくい例えをしてすみません。

 

宮崎みやげはマンゴーが苦手なので、全然ご当地感のない「PREMIUMくりーみーチーズしっとりバー」と「宮崎チーズタイム」をチョイス。

f:id:hylajaponica666:20180923204318j:plain

f:id:hylajaponica666:20180923204400j:plain

宮崎県産クリームチーズ使用のチーズtimeは理解できる。オーストラリア産クリームチーズとフランス産グランドの塩使用のしっとりバー、君は反則だ(笑)!

いえ、でもどちらも美味しかったんですよ。旅行の際には皆様もぜひどうぞ。

 

最近思うようになったのですが、宮崎県っていい所ですね。

今の相手と結婚しなければおそらく一生行くことのなかった宮崎県。何故なら宮崎県に用事がないから(ごめんなさい)。大きいショッピングモールに行っても、繁華街を歩いても、拭い切れない田舎感(ごめんなさい)。そんなところが佐賀県のようで非常に親近感を覚えます(本当にごめんなさい)。

どちらも長閑でのんびりできる所なので、都会の生活に疲れた方は遊びにいらしてくださいね。高千穂も呼子も有田も楽しいですよ。本当に周りにはこれといって何もないですが。