野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

花畑絨毯化計画。

先日、ご近所の90オーバーのお爺様が、台風接近中の雨と強風の中家で採れた秋の味覚を届けてくださいました。

f:id:hylajaponica666:20181008073442j:plain

所々青くて酸っぱそう…に見えますが、ここのみかんはいつだってとても甘いのが不思議。

f:id:hylajaponica666:20181008073501j:plain

小さめの栗は蒸し焼きにしました。小粒ながらしっかり栗の味がして、甘みもあって美味しかったです。

みかんと栗を届けた後、お爺様は自宅へ。と思いきや、どれくらい増水しているか確認しに田んぼと川の方向へ。

やめろぉぉぉぉぉお!!!

見てくるから!水門くらい自分が行って見てくるから!!

なんて人任せでは納得しないお爺様。仕方ないので一緒に川まで行き、田んぼの状況も確認し、歩いて家まで送り届けてきました。

悪天候での田畑の見回り中に、1年で10人近くの方が亡くなっているそうです。少しでも農業被害を小さくしたいというお気持ちは分からなくもないですが、何よりも命あっての農作物だと思います。

 

今回の台風は大きな被害なく過ぎ去ってくれ、そろそろ早々と買うだけ買っておいた球根や花の種を植えることにしました。

f:id:hylajaponica666:20181008133904j:plain

ブローディアはそのまま花壇へイン。

ラナンキュラスはいきなり給水させると球根が破裂したりするそうなので、ネットを参考に濡れたキッチンペーパーに包み、ジップロックして冷蔵庫に入れました。

f:id:hylajaponica666:20181008135239j:plain

時々水を足しながら、2週間ほどして無事に発根していたら植え付ける予定です。

 

去年植えて球根を取っておいたはずのフリージアは残念ながら行方不明。

買おうかどうしようか悩んでいたら、去年フリージアを植えていた辺りから明らかに雑草ではない葉っぱが出てきていて、これをフリージアとすることにしました。きっとフリージア。多分フリージア。祖母に小言を言われるのでどうかフリージアであってくれ。

 

今日植える花の種はこちらの5袋。

f:id:hylajaponica666:20181008140924j:plain

f:id:hylajaponica666:20181008140946j:plain

ひなげし、スターチスは花壇にダイレクト蒔き。

トルコキキョウは発芽まで1ヶ月程度かかるらしく、外に蒔いたら絶対に見失うと思い、穴を開けたフードコンテナに蒔いて室内で苗を作ることにしました。

f:id:hylajaponica666:20181008141620j:plain

とりあえず7×4で28粒。

…1ヶ月か…長いな…途中で飽きそうだな…

種蒔きの為に色々調べて初めて知りましたが、トルコキキョウを種から育てるのは難しいそうですね。今年は6月頃にもう蕾のつきそうな大きめの苗を一本298円で購入したので、1袋160円の種から1本でも花が咲いてくれたらいいなと思っています。

 

目標は来年の春、花畑をハウステンボスのような花の絨毯状態にすること。

長崎のハウステンボス、九州以外の人にもメジャーなんだろうか。100万本のチューリップ!とか、1万発の花火!とか、クリスマスのイルミネーションが有名な観光施設で、大昔はもっと気楽に遊びに行けたような気がするんですが、年々料金が値上がりして最後に行ったのは15年前の修学旅行。

万が一宝くじに当たったら、敷地内のホテルに2、3泊してゆっくり園内を堪能してみたいです。