野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

朝方冷えると膝痛い。

今年の稲刈りも無事終わり、昨日保有米が家に到着しました。

ああ…米冷蔵庫がいっぱいになる幸せ。何かあっても米だけは食べられるという安心感。まだ玄米なんですけどね。精米する前にあと15㎏はある古米を一生懸命食べないといけません。

 

お隣の田んぼの畦に毎年咲くクリーム色の彼岸花

f:id:hylajaponica666:20181011144536j:plain

昼過ぎから芝刈り機をかけてしまうそうで、記念に写真を撮らせてもらいました。ひしめく真っ赤な彼岸花「墓地!」って感じがしてちょっと苦手なんですが、この色は群れていてもお洒落で可愛いと思います。

 

もともと野菜畑にあって、1ヶ月ほど前に邪魔になって花畑へ移動した夏菊は、最近真夏より綺麗な花を咲かせてくれるようになりました。

f:id:hylajaponica666:20181011152417j:plain

もうキキョウは終わりそうだし、百日草は日保ちしないしで、仏壇の花が枯渇して悩んでいた中の救世主。長持ちするようしばらくチヤホヤお世話することにします。

 

10月8日に種を蒔いたひなげしとスターチスは無事発芽。

f:id:hylajaponica666:20181011154133j:plain

f:id:hylajaponica666:20181011154206j:plain

トルコキキョウは相変わらずフードコンテナに種が並んでいるだけ。

心配なのがアスター。9月初めポットへの種蒔きで芽が出ず、9月17日にもう1度花壇に蒔きなおしたんですが、一向に発芽する気配なく、じわじわ雑草だけが生えてきました。秋蒔き、ひょっとして難しいんだろうか。10月いっぱい待って芽が出なければ、もう諦めて春蒔きにする予定です。

 

そして正月に向け、葉牡丹と12月咲の菊の苗を植えました。

f:id:hylajaponica666:20181011162032j:plain

 

今日のおやつは京都の親戚のお土産、をぐら山春秋「ARARE&CHOCOLAT」。

f:id:hylajaponica666:20181011155836j:plain

f:id:hylajaponica666:20181011155840j:plain

周りにチョコレートがコーティングされたあられを想像していたら、独立したあられとクッキーのパックでした。バニラ・抹茶・チョコのクッキー、焼きチョコレートのような食感で味は濃厚、中心部にほんのりおかきのような香ばしい塩味がするようなしないようなやっぱりするような感じで、非常に美味しかったです。