野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

恐怖!久々の胃カメラ検査~大興善寺で紅葉狩り編~

ここ数ヶ月胃もたれが続き、空腹になると胸の下あたりがヒリヒリ、冬にも関わらず食べても食べても体重が減少。

祖父が胃癌で他界していたこともあり、20代でも癌になる人はなるし、自分も何かよろしくない病気なのではないかと不安になって、先日とうとう胃内視鏡検査に行ってまいりました。

 

朝食を抜き、健康を意識して自転車でクリニックへ。

病院の駐車場では何らかの事故があったらしく、警察官が現場検証中。無関係にも関わらずドキドキしながら横を通過。

受付で名前を書き、お次は問診表…ではなく、真っ直ぐ内視鏡室へ案内される。

…えっ、ちょっと心の準備…いえ、なんでもありません。すぐ行きます。

内視鏡室に入るやいなや、紙コップに半分程度の白濁液を飲めとの指示。

「美味しくないから、ほんと美味しくないから、ほんの2、3口で大丈夫だからね、頑張ってね」と申し訳なさそうに励ましてくれるベテランナース。味のことよりもまずこの液体が何物か説明してクレメンスと思いつつ、大人しく液体を飲む。

…あれっ、どうしよう、絶食のせいか普通に美味しい。

ほんのり甘みのある爽やかなヨーグルト味。最近のバリウムはすごいなぁ。

完飲するとすぐに検査台の上で3回横向きに回転。回転中に「検査は鼻からと口からどっちがいいですかー?」との問いかけが。

…あっ、選べる感じ?

うーん、自分で決めろと言われると困る。20歳で胃潰瘍の吐血をした時は口からでしたが、わりと出血が多かったのでバタバタ検査して止血して…みたいな感じだったので、オエッとなったかどうかなんて正直全く覚えていません。

結局、看護師さんオススメのオエッとなりにくいらしい鼻から入れることに決定。

仰向けになり、両方の鼻の穴に2回ずつ麻酔薬を注入される。数分して喉に麻酔薬が到達したのか、口の中にほのかな甘みが。甘くて美味しい!と喜んでいると、「あらそう?味はしないはずなんだけど…」と言われてしまいました。

…いかん、空腹すぎて味の向こう側が見えてきた。

だんだん鼻の奥が鈍くなってきたところでやや細めの練習用チューブがブスリ。痛い。

そのまま1分程慣れさせて、今度は内視鏡と同じサイズのチューブがブスリ。痛い。

そして先生登場、「おはようさ~ん、はい、行きまーす」と流れるように右の鼻腔から内視鏡をブスリ。

あいててててててててて!!!!

声かけに合わせて飲み込むと、オエッとしていないのをいいことにガンガン進んでくる内視鏡。千切れそうな鼻。そうだ、自分はインフルエンザの鼻に綿棒を入れる検査とか、耳鼻科の鼻うがいとか、鼻に何かされるのが滅茶苦茶苦手だったじゃないか。ああ、なんで鼻からにしようとか血迷った選択をしてしまったんだろう。ああ…

と後悔しているうちに、カメラは胃の最深部へ到達。回転しながら今度は少しずつチューブが抜かれていきます。時々写真を撮られ、溜まってきた空気で徐々に苦しくなってくる腹部。

モニターには赤く炎症を起こす胃粘膜、小さなポリープ、黒い小さな点が3つ…

「ほら、腸液が逆流してて…これは出血のあとね。荒れてるけど癌ではないから」

…うん、うん、わかった。わかったから滅茶苦茶腹痛い早く抜いてくださいお願いします。

急速に上腹部がカッチカチになり、鼻の痛みを忘れるほどの腹痛。いかん、吐きそう。冷や汗が出てきた。あー気持ち悪い、まずい、意識が朦朧と…

「お疲れ様でしたー、お顔拭きますねー」

…助かったっ!!

最後のほんの数十秒、死んでしまうかと思った。といっても、未だにお腹はカッチカチで激痛。そんなことは気にせず冗談も交えながらカメラの結果を説明する先生。

悪性でない事は何となく把握したのでとにかく今はゲップがしたい。

一刻も早くゲップを出して楽になりたい。でも他人様の前でゲップなんてお下品な姿は見せられません。年齢がダブルスコアでも女性の前では格好つけたいのです。額の冷や汗を感じながら笑顔でお腹をさすってひたすら我慢。

最後にピロリ菌を採血で検査するとのことで、ヨロヨロ採血室まで歩いていき、順番待ちの椅子で咳き込むフリをしながら少しずつガスの排出に成功。ふぅ。

腹痛が収まった後、蘇る右の鼻の穴の激痛。

結局、胃の不調は逆流性食道炎胃潰瘍のためということで、ピロリ菌の有無は教えられないまま(えっ?)、胃粘膜保護剤を2種類貰って帰宅しました。

お薬代込みで4800円。安心を買ったと思えばお安いものです。

 

深刻な病気でないことが分かって良かったですが、何よりショックだったのは検査後1時間の飲食禁止を言い渡されたこと。

結果が悪くなかったら家族みんなで回転寿司に行こう!と約束していたので、昼食前に絶飲食の時間を利用して近場の観光に行くことにしました。

『つつじ寺』で有名な佐賀県基山町大興善寺

駐車場からお寺までの道には、近所のお年寄りがぽつぽつ工芸品や軽食の屋台を出していました。

f:id:hylajaponica666:20181127104927j:plain

ここはあれですね、空きっ腹を抱えて行くところではありませんね。

住宅街の絶妙にきつい傾斜の坂道をだらだら登ってからの、長生きの坂という100段近い階段。2歳の娘にすら置いて行かれる屈辱。頼む、見捨てないでくれ。

というか必死に呼吸をすると鼻が痛い。

一生懸命登った先では、まだ少し早めの紅葉が迎えてくれました。12月上旬頃はもっと綺麗だと思います。

f:id:hylajaponica666:20181127111658j:plain

1本200円の「無病息災」の蝋燭を買ってお参りし、空腹に耐えかねて早々に下山。

f:id:hylajaponica666:20181127110434j:plain

階段が登れない人が通る迂回路には背の高い花が沢山植えられていて、こちらはこちらで綺麗でした。

でも坂。絶妙にきつい長い坂。最初から駐車場で待っていた祖母は正しい。

登って降りてきただけで1時間近く経過し、急いで回転寿司に移動してしょっぱなからかき揚げうどんを注文してしまいました。すみません、寒くてひもじかったんです。

 

昨日健康番組でやっていたらしい、肩凝りに効くはちみつアーモンド。

f:id:hylajaponica666:20181127111730j:plain

自分は食べるだけ健康法とかは信用しないタイプなんですが、祖母がどうしてもと言うので作ってみました。

1日10粒。

しばらく様子を見て効果があるようなら、自分も食べてみようと思います。