野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

宮崎辛麺&桜島に初上陸

鹿児島県人と結婚してはや4年。

年に4~5回帰省しているにもかかわらず、全く観光らしいことをしていないと気付き、「どこでもいいから連れて行ってくれ」とお願いして桜島に行けることになりました。

 

フェリー乗り場からの桜島。暖かい時期にガッツを出せば泳いで渡れそう。

f:id:hylajaponica666:20190212084943j:plain

…ていうか今噴火してない?大丈夫?

と思いましたが、こんなのは全然大したことないらしいです。

 

こちらのプリンセスマリン号に乗船しました。

f:id:hylajaponica666:20190212142521j:plain

桜島フェリーは24時間運航、通勤通学時間帯には一時間に5本も出ているのがスゴイ。

船内には美味しそうなお出汁の香りが漂っていましたが、2人の乳幼児を連れて15分で熱々うどんを間食するのは流石に無理だと諦めました。かけうどんでもさつまあげが乗っているのが鹿児島らしくていいですね。

初めはデッキに出て徐々に大きくなる桜島と写真を撮ったり、無料の望遠鏡をのぞいてみたりしてみたものの、強風と寒さに耐えかねて5分くらいで暖かい船室へ。

車1台と大人2人で運賃は1760円でした。

 

桜島に上陸したというだけでだいぶ満足してしまった自分。

…よし!帰るか!寒いし!

くらいの気分でしたが、折角連れてきてくれた家族に申し訳ないので湯之平展望所なる観光スポットに行ってきました。

腰痛持ちには駐車場から展望所までの階段が辛い。息子が重い。丁度眠たくなってぐずる娘が歩かない。

やっとこさで到着した湯之平展望台は、上る価値ありの景色でした。

f:id:hylajaponica666:20190212144326j:plain

f:id:hylajaponica666:20190212144437j:plain

f:id:hylajaponica666:20190212144504j:plain

展望所にはちょっとした売店があり、お土産としてレトルトの黒豚角煮を購入。

f:id:hylajaponica666:20190212144650j:plain

駐車場には目つきの鋭い野良猫が3~4匹。顔からは想像できない人懐っこさで車の下まで入り込んできて、轢いてしまわないかヒヤヒヤしました。

桜島を出てから知りましたが、この展望所にはハートの石が7つあり、全部見つけると幸せになれるそうです。チッ、そういう娘が喜びそうな情報は早めに…いいんです、家族みんなで観光できたことが幸せなんです。

 

噴火する桜島。道端には沢山の退避壕がありました。

f:id:hylajaponica666:20190212144544j:plain

 

有村溶岩展望所でお手洗い休憩。

f:id:hylajaponica666:20190212144614j:plain

売店にソフトクリームのオブジェがあったので、ご当地物の桜島小蜜柑味なんかがあるのかと期待して行ったら普通にスジャータでした。

250円、チョコとバニラのミックス。うん、普通に美味しい。

 

帰省の〆はいつも通り、霧島SAの宮崎辛麺ライスセット。

f:id:hylajaponica666:20190212144827j:plain

月食べた時より辛みが少ないような、ニラとニンニクがやや少なくてマイルドになったような、そんな印象でした。完全に気のせいかもしれません。

チーズ辛麺なる900円の新商品が出ていて、頼んだ家族がチーズが少ないと愚痴を言っていましたが、麺を食べきった後丼の底に大量のチーズが沈んでいました。初めによく混ぜて食べることをお勧めします。

 

今日のおやつは霧島SAで初めて見かけて買ってみた『宮崎塩キャラメルドルチェラング』。

f:id:hylajaponica666:20190212144856j:plain

f:id:hylajaponica666:20190212144918j:plain

どのあたりが宮崎かというと、塩が宮崎県産らしいです。成程。

パリパリサクサクのマカロンっぽいクッキー生地と、塩キャラメルソース入りのはみ出ている分厚いホワイトチョコレート。子供に持たせると相当散らかるのが難点ですが、味は非常に美味しかったです。