野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

庭の飾りDIY

ホームセンターに行く度、入り口のガーデニングコーナーにある動物の焼き物を欲しがるもうすぐ3歳の娘。

数百円なら買ってあげようという気にもなりますが、お気に入りの実物大のうさぎさんは1匹税別3500円。

却下!

でも娘は可愛い。

最近家事に興味津々で、台所をビッチャビチャにしながら食器洗いをしてくれる娘にご褒美もあげたい。

…お金がないなら作ればいいじゃない。

ということで、うさぎの置物を焼くようなスキルはないものの、出来る範囲でうさぎっぽい庭の飾りを自作することにしました。

 

材料はこちら。

f:id:hylajaponica666:20190315103603j:plain

f:id:hylajaponica666:20190315103629j:plain

・90×45の薄い合板…271円

・引廻鋸…615円

・紙やすり(♯120)…27円

材料費合計913円は貯まっていたナフコポイントで支払ったので、手出しはゼロ。

塗装は昔ベンチを塗って余っていた白のペンキを使用します。

 

まずはネットにあるうさぎのシルエット画像を参考に、A4のコピー用紙に子うさぎっぽいサイズで下書き。

f:id:hylajaponica666:20190315104240j:plain

 

線に沿って切り取り、板の上で周りをなぞって写し取ります。

f:id:hylajaponica666:20190315104307j:plain

この板には3種類のうさぎが4匹ずつ、計12匹分入りました。

 

工作台なんかないので、イスを2脚寄せて上に板を乗せ、引廻鋸で線の上をカット。

ちょっとイスの側面を切ってしまい家族に怒られ、途中から養生テープ重ね張りで保護。

そして切ったらわかる、やっすい板や。

f:id:hylajaponica666:20190315104335j:plain

 

周りのささくれを紙やすりでマイルドにしつつ、少し形を整えます。

f:id:hylajaponica666:20190315104407j:plain

 

さて、どうやって庭に刺せるようにするか。

木切れは沢山転がっていても、1からガーデンピックを作るのは面倒臭い。

…うーん、割り箸でいいか…

f:id:hylajaponica666:20190315104433j:plain

ちーん。

 

両面を白ペンキで塗り、30分程乾かして完成!

f:id:hylajaponica666:20190315104504j:plain

f:id:hylajaponica666:20190315104536j:plain

花の冠を作ってかぶせたり、リボンをつけたりすればそこそこ可愛くなりそう。夏はミニ浮き輪を持たせたりするのもいいかもしれない。

鋸で若干指を負傷しましたが、娘が喜んで名前を付けたりしていたので作った甲斐がありました。

恥ずかしながらほんの2匹切り出したところで腕が筋肉痛になりまして、板の中にいる10匹はまた後日救出しようと思います。