野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

手作りアーモンドプードルで目指せ洋菓子店クッキー

春休みに入り、毎日我が家に預けられている姪2人。

中学受験向けのわりと難しい塾の宿題を確認してやっている傍ら、2歳の娘も一緒になって「ねー暇ー」「テレビ飽きたー」「何か面白い事しようよー」「お腹すいたー」…

…うるせぇ!学校の宿題でもやってろ!!

と思いましたが、自分も丸つけに飽きてきたところだったので、息抜きにクッキーでも作ることにしました。

 

せっかく作るならより美味しくしたい。希望としては洋菓子屋で大きめの1枚100円くらいで売っているクッキーの味に近づけたい。

棚をあさってみると、祖母が肩こり解消と血管の若返り効果を期待して1日10粒食べているアーモンドを発見。

よし、これをアーモンドプードルにして使おう。

f:id:hylajaponica666:20190327115618j:plain

サニーで370g880円の食塩無添加ローストアーモンド。肩こりに効いているのかは不明。

f:id:hylajaponica666:20190327115829j:plain

ぶっちゃけ茹でて皮を剥くとか面倒臭いアーモンドプードルは皮付きの方が香りが強くて美味しかったような記憶があり、袋から出してそのままフードプロセッサーでガーっと粉々にしました。

 

<クッキー材料>(直径5㎝丸型約50枚分)

・薄力粉 100g

・アーモンドプードル 100g

・バター 90g

・砂糖 70g

・卵黄 1個

・バニラオイル 5滴

・ココアパウダー 大匙1

 

<手順>

①バターを溶け過ぎない程度にチンして柔らかくし、砂糖をくわえてすり混ぜる。

②①に卵黄、バニラオイルを入れてよく混ぜる。

③②に薄力粉、アーモンドプードルを入れて混ぜる。できた生地を2等分し、片方にココアパウダーを入れる。

④生地が柔らかくて型抜きしづらかったため、冷蔵庫で30分冷やす。

⑤生地を5mm程度の厚さに伸ばして型抜きし、160℃のオーブンで13分焼いて完成!

 

f:id:hylajaponica666:20190327123802j:plain

f:id:hylajaponica666:20190327123826j:plain

オーブンから漂う香ばしい香りは100点。

網の上でしばらく冷まし、さて、気になるお味の方は…

 

…うーん、85点!

 

小麦粉だけのものよりサクサクの食感で香ばしさがあり、美味しくはあるんですが、ちょっとアーモンドの自己主張が強すぎる。

製菓コーナーにある皮なしの細かい粒のアーモンドプードルならいざ知らず、自家製皮付きやや粗目のアーモンドプードルを小麦粉と1:1はやりすぎかもしれないと生地を作っている段階で思ってはいました。アーモンドの皮も時々気になるといえば気になります。

自家製アーモンドプードルは粉ふるいで大きな皮を取り除き、小麦粉120g:アーモンドプードル80gくらいにしたほうが上品な美味しさになりそうです。

そして甘い。

粉類200gに対して砂糖70gは滅茶苦茶多いわけではないと思うんですが、ちょっと甘すぎるなと思うくらいの甘さだったので、砂糖は60g程度に減らしてもいいかもしれません。

 

まだまだ改善の余地があるクッキー作り。

まだまだ終わらない理科の宿題のやり直し。

「再結晶」を「再結唱」と書いているのを見て、何か再生魔法みたいだな…と丸つけしながら笑ってしまいました。

姪よ、さては再結晶の意味分かってないな。