野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

【わりと】自家製ちんすこう【美味しい】

4年生の姪の趣味はお菓子作り。

家に来るたびに「何か一緒に作りたい!」と言うので、今までは簡単にできるクッキーやマフィンを作ってあげていたのですが、4月からバターが大幅値上げ。

週3で焼き菓子を作るのは懐が痛い。

家にあるもので安く短時間にでき、そして洗い物も少なければなお良し…と調べていると、そんな希望にぴったり答えてくれるお菓子を見つけました。

沖縄銘菓ちんすこう

小麦粉70g、砂糖25g、サラダ油30gをポリ袋で混ぜ、170℃のオーブンで15分程度焼くだけ。

…うーん、材料だけ見るとそんなに美味そうじゃないな。

せめて卵でも入っていればお菓子っぽい感じになるような気がするんですが、そこは皆様のレシピを信じてポリ袋で生地を作成。

いきなりアレンジを加えるのはどうかと思いつつ、シンプル過ぎるのが不安になって、粗めの塩をひとつまみだけ入れてしまいました。

厚さ5mmで5cm×2cm程度の大きさに伸ばし、箸の先で縁にちんすこうっぽい波型を付けてオーブンへ。

 

出来上がりがこちら。

f:id:hylajaponica666:20190426152242j:plain

…うん、まあ、見た目はそこそこちんすこう。

焼き上がり間近、クッキーだったら甘くて香ばしい香りがふわ~っとオーブンから漂ってくるのに、あまり匂いがしなかったのが不安です。

 

焼き菓子は翌日が美味しいと思う派なので、1晩寝かせた午後3時、ドリップの星野珈琲を用意して、いざ実食!

…あらっ?

…やだ…ちょっと…思ったよりいけるじゃない…

本家ちんすこうの味を覚えているかと聞かれると怪しい。でも、ホロホロっと崩れてねっとりするような食感は確かにちんすこうっぽい。

粒の粗い塩を少しだけ入れたのは正解でした。アクセントになって美味しいです。

生地に大匙1のココアを入れたココアちんすこうも子供達から高評価をいただきました。

よかったよかった。

 

まだまだ先ですが、夏休みは1ヶ月まるまる面倒を見なければいけない姪っ子達。

毎日何を食べさせ、勉強の合間にどうやって息抜きをさせようか、今から頭を抱えています。

ああ、エンゲル係数が跳ね上がるなぁ。