野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

【イエローミミが】ミニトマトの収穫【うまい!】

小学2年生の頃、給食に出たミニトマトがどうしても時間内に食べられず、昼休み1人教室に残されて、先生の監視のもと吐きかけながら食べたことを今でも鮮明に覚えています。こんばんは、たっどぽーるです。

あれから20年、そんな自分が何を思ったか今年は8本も育てているミニトマト

赤ばかりではつまらないだろうと植えていたイエローミミとオレンジキャロル(多分)が色づいていたので、娘と一緒に収穫を楽しみ、折角なので食べてみることにしました。

 

<オレンジキャロル(多分)>

f:id:hylajaponica666:20190611203851j:plain

やや皮が固く口に残る感じはあるものの、甘みが強く、トマトっぽい青臭さや酸味がなくて美味しい。

植えてからは支柱を立てるくらいしか世話をしていないのに、どんどん生い茂って大量に実がついているのも高得点。

 

<イエローミミ>

f:id:hylajaponica666:20190611203838j:plain

なんだこれは、すごくウマい。

もう一度言いたい、なんだこれは。

甘味はオレンジキャロルほどではないが、皮が薄く、みずみずしく、酸味や青臭さ・種の周りのニュルっとした感じ等トマトとしての自己主張が全く感じられず、後味がさっぱりしていて非常に爽やか。

まるで草原を駆けていく白い仔馬のようだ。

農作業中喉が渇いたら2,3個つまみたくなる、そんなお味。

もはやミニトマトではない。

人生で最初に食べたトマトがこれだったら、自分は好きな野菜の第4位くらいにトマトを入れていただろう。

ちなみに今好きな野菜の1~3位はピーマン・獅子唐・パプリカです。

 

感動しすぎて訳の分からないことになりましたが、とにかく非常に美味しかったイエローミミとオレンジキャロル。

こんなに美味しく実も沢山付けるのに、苗は1本80円とリーズナブルだったので、来年も本数を増やして作ろうと思います。

 

種から育てているフルティカトマトはまだ真っ青。

f:id:hylajaponica666:20190611203907j:plain

ネットのレビューによると、このフルティカも酸味が少なくいい意味で主張してこないトマトらしいので、自分にも美味しく食べられるのではないかと期待しています。

 

トマトの葉にとまっていたイトトンボ

f:id:hylajaponica666:20190611203919j:plain

子供が遊んだ後のビニールプールに産卵していて、水を抜いて掃除するのが心苦しくなりました。