野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

2019生き物探検隊⑨~たびら昆虫自然園:この実何の実?~

子供達が一晩中両腕に抱き着いて寝ていたせいで寝返りがうてず、いまだに背中がカッチカチのたっどぽーるです。

おはようございます。

 

昨日は長崎県平戸市『たびら昆虫自然園』に遊びに行ってまいりました。

入館料は大人一名410円、3歳以下の子供は無料。昆虫の捕獲・持ち帰りは禁止。

1グループにガイドさんが一名ついて園内を案内してくださいます。

 

スズメガが見たいです!」と元気一杯に宣言し、意気揚々と散策エリアへ。

が。

11月上旬、到着したのは午前9時半、雨上がりで長袖の上着を着ていても結構寒いくらいの気温。

そう、案の定虫がいない

ガイドさんと一生懸命捜索し、最初に姿を見せてくれたのは小振りなトンボでした。

f:id:hylajaponica666:20191103224354j:plain

自分はノシメトンボだと思ったのですが、ガイドさんによるとマユタテアカネ♀とのこと。

うーん、帰ってきて図鑑を開いても何が違うのか全然分からんぞ。

 

次に会えたのはクサギにいたシモフリスズメの幼虫。

f:id:hylajaponica666:20191103224414j:plain

スズメガの幼虫は大きくて模様も様々なので見応えがあります。

ちなみにシモフリスズメの幼虫は触ると鳴いて威嚇してくるそうですよ。

ガイドさんに怒られそうなので実験しませんでしたが…

 

オオヒラタシデムシ?

f:id:hylajaponica666:20191103224424j:plain

 

小さなバッタ。

f:id:hylajaponica666:20191103224432j:plain

コバネイナゴ…ではなく、トノサマバッタの幼体だと言われました。

 

キリギリスの仲間。ウスイロササキリ?

f:id:hylajaponica666:20191103224443j:plain

 

チャバネセセリは安定の可愛さ。

f:id:hylajaponica666:20191103224452j:plain

 

水生昆虫エリアでは園内の池で捕獲したタイコウチ、マツモムシ、ギンヤンマのヤゴ、ゲンゴロウなどを見ることができました。

f:id:hylajaponica666:20191103224514j:plain

5~6年前に来た時にはタガメもいたんですが、最近ではもう自然園の周辺でもタガメは獲れなくなったそうです。

田舎で緑の多い場所なのに、環境の変化は恐ろしい。

孫の世代には野生絶滅してしまうんじゃないだろうか。

 

この実何の実シリーズ①。

f:id:hylajaponica666:20191103224509j:plain

ガイドさんが「無農薬だから皮ごと大丈夫!」と熱心に勧めてくださり、渋々口にしてみたこの果物。

見た目は熟れていない大粒のブルーベリー、味はすっぱい上に微妙な青臭さがあり、種も大きくてぶっちゃけまずい。

チッ、変な物食わせやがって…

他人様がくれたものにまずいなんて言うのは失礼なので、「あぁ、体に良さそうな味がしますね」と誤魔化しつつ、ガイドさんの目を盗んでそっと草むらにリリースしました。ごめんなさい。

これは何かというと、トロピカルフルーツのグアバらしいです。

栄養満点のグアバ。日本名はバンジロウ。個人的にはバンジロウの方がかっこよくて好きだなぁ。

 

これは只の木の枝を撮ってきたわけではなく、中央の枝の短い脇芽が実は尺取虫だったというお話です。

f:id:hylajaponica666:20191103224525j:plain

見てもイマイチ分かりませんが、触るとフニャンフニャンで面白い。

探すのが楽しくなって、5分程この地味なエリアで遊んでしまいました。

 

「バナナ虫」とも呼ばれるツマグロオオヨコバイ。

f:id:hylajaponica666:20191103224554j:plain

横に移動するのでヨコバイだそうです。

この虫を撮るために道の端に寄ったら、側溝のフタがずれていたらしく、思い切り踏み外してふくらはぎを負傷しました。

良かった、落ちたのがお年寄りと子供でなくて。

 

この実何の実シリーズ②。

f:id:hylajaponica666:20191103224610j:plain

おっ、こっちの実はカカオみたいで美味しそう。

…なんて騙されてはいけません。

これは虫の寄生によって植物組織が異常発達した「虫こぶ」で、割るとアブラムシとかダニとかがワンサカ出てくるらしいです。

ひぃ~。

 

ということで、時期もあってあまり華やかな昆虫には出会えませんでしたが、自然の中を散策したり色々な種類の植物を見たりしてそれなりに楽しい時間を過ごしました。

前回9月頃に来た時はわりと色々な種類の蝶がいたように思います。

夏休みシーズンは子供に人気の甲虫エリアを重点的に案内してくれるそうなので、興味のある方は是非訪れてみてください。