野菜の出来も虫次第。

昆虫大好き週末農家のゆるっと家庭菜園日記。

ドルチェベリーの誘惑

最近、飼っている猫が急に歳を取ってきた。

といっても、具体的にどこか悪いとか痛いとかそういうことではない。

ただエサを前ほど食べなくなり、静かに寝ている時間が増えただけである。

若い頃は艶々だった毛にもだいぶ白髪が増え、筋肉質で6キロ近くあった体重は3キロほどになった。

f:id:hylajaponica666:20200308110203j:plain

3月30日で17歳を迎えるお爺ちゃん。

ギネス記録の猫は38歳まで生きたらしい。人間に換算すると170歳だという。

すげーな。

現在87歳の祖母は、「猫よりも絶対に長生きする」とよくわからない対抗心を燃やしているが、僕としては2人ともまだまだ長生きしてくれたら良いと思う。

 

さて、この頃めっきり暖かくなり、我が家のイチゴは花盛り!

f:id:hylajaponica666:20200314151028j:plain

サントリーの蜜香、あまごこち、アイベリーは本当にワサワサ花が咲いていて、毎日見て回るのが楽しみです。

逆に丈夫が取り柄のカレンベリーは、葉っぱだけは青々と茂っているもののまだ1つも花がつかず。

特に人工授粉はしていないので、このうちどれだけが実になってくれるかわかりませんが、年間目標の「50粒収穫」を夢見て日々「ガンバレ!」と声だけは掛けています。

 

そしてもうスペースも残っていないのに、今日行ったホームセンターで前々から欲しかったサントリーのドルチェベリーを見つけ、気付いたらプランターと一緒にうっかり追加購入していました。

f:id:hylajaponica666:20200314151044j:plain

 いいんだ、イチゴは1株買えば苗がいっぱい取れるから、これは浪費じゃなくて未来への投資なんだ。

…そう僕は信じている。